減量目標達成をサポートするダイエットアプリ8選

減量目標達成をサポートするダイエットアプリ8選 健康

ダイエットアプリとは、モバイル機器にダウンロードして、摂取カロリーや運動量などの生活習慣を簡単かつ迅速に記録できるアプリです。

アプリによっては、サポートフォーラム、バーコードスキャナ、他のヘルス&フィットネスアプリやデバイスとの同期機能など、追加機能が付いているものもあります。これらの機能は、減量の目標に向けてモチベーションを維持することを目的としています。

ダイエットアプリは使いやすいだけでなく、そのメリットの多くは科学的根拠に裏付けられています。

いくつかの研究によると、セルフモニタリングは、自分の習慣や進歩に対する意識を高めることで、減量を促進する可能性があるとされています。1参考2参考

また、最近のアプリの多くは、ケトン食、パレオ食、ヴィーガン食を実践している人をサポートする機能を備えています。

ここでは、2021年に発売された、不要な体重を落とすのに役立つダイエットアプリを8個紹介します。

最初の3つは日本語対応しており、残りの5つは日本語対応していません。

「Lose It!」アプリ

「Lose It!」アプリ

「Lose It!」は、カロリー計算と体重追跡に焦点を当てた、ユーザーフレンドリーなダイエットアプリです。

「Lose It!」は、日本語対応しています。

あなたの体重、年齢、健康上の目標を分析することで、Lose It! はあなたの1日に必要なカロリーと、個別の減量計画を生成します。

計画を立てた後は、3,300万以上の食品、レストランアイテム、ブランドの幅広いデータベースを利用して、簡単に食事量をアプリに記録することができます。

さらに、アプリのバーコードスキャナーを使って、いくつかの食品をアプリ内に追加することもできます。頻繁に入力した食品は保存されるので、食べたときにリストからすぐに選ぶことができます。

また、日ごと、週ごとの摂取カロリーのレポートも表示されます。体重を記録している場合は、体重の変化をグラフで表示します。

「Lose It!」が他の多くのダイエットアプリと異なる点は、食事の写真を撮るだけで、食事の摂取量と分量を記録できる「Snap It」機能があることです。

研究によると、食事の写真を撮ることで、分量をより正確に把握したり、食事量の傾向を観察したりすることができ、いずれも減量を促進するのに役立つとされている。3参考4参考5参考

「Lose It!」のもう一つの特徴は、コミュニティ機能で、他のユーザーと一緒にチャレンジに参加したり、フォーラムで情報を共有したり質問したりすることができます。

このアプリは無料でダウンロードできます。9.99ドルでいくつかのプレミアム機能にアクセスできるほか、39.99ドルで1年分の契約をすることもできます。

メリット

「Lose It!」には、データベースに登録されている食品の栄養情報を検証する専門家チームがあります。
Apple HealthやGoogle Fitなど、他の減量・フィットネスアプリと同期できる。

デメリット

「Lose It!」は、摂取したビタミンやミネラルを記録していませんが、その理由を説明しています。
食品データベースには、他のアプリでは見られるような人気ブランドが含まれていません。

「Lose It!」アプリのダウンロード

「MyFitnessPal」アプリ

「MyFitnessPal」アプリ

カロリー計算は、多くの人が体重を減らすのに役立ちます。6参考7参考

「MyFitnessPal」は、カロリー計算を減量支援の戦略に組み込んだ人気アプリです。

「MyFitnessPal」は、日本語対応しています。

「MyFitnessPal」は、1日に必要なカロリーを計算し、1,100万種類以上の食品の栄養データベースから1日に食べたものを記録することができます。1,100万種類以上の食品の栄養データベースから、1日の食事を記録することができます。

食物摂取量を入力すると、「MyFitnessPal」は1日に摂取したカロリーと栄養素の内訳を表示します。

このアプリでは、脂肪、炭水化物、タンパク質の総摂取量の概要を示す円グラフなど、さまざまなレポートを作成できます。

「MyFitnessPal」にはバーコードスキャナが搭載されており、一部のパッケージ食品の栄養情報を簡単に入力することができます。

「MyFitnessPal」では、自分の体重を記録したり、ヘルシーなレシピを検索したりすることもできます。

さらに、他のユーザーとつながってヒントや成功談を共有できるメッセージボードもあります。

このアプリは無料でダウンロードできます。9.99ドルでいくつかのプレミアム機能にアクセスしたり、49.99ドルで1年間登録することができます。

メリット

「MyFitnessPal」には「クイック追加」機能があり、食べたカロリーを知っていても、食事の詳細をすべて入力する時間がない場合に利用できる。
「MyFitnessPal」は、「Fitbit」「Jawbone UP」「Garmin」「Strava」などのフィットネストラッキングアプリと同期できます。MyFitnessPalは、運動で消費したカロリーに基づいて必要なカロリーを調整します。

デメリット

データベースに登録されている食品の栄養情報は、ほとんどが他のユーザーによって入力されたものであるため、完全には正確ではありません。
データベースの規模が大きいため、1つの食品に複数の選択肢があることが多く、記録する「正しい」選択肢を見つけるのに時間がかかることがあります。
また、アプリ内での食事量の調整には時間がかかります。

「MyFitnessPal」アプリのダウンロード

「Fitbit」アプリ

「Fitbit」アプリ

体重を減らす方法の1つとして、ウェアラブルな活動量計を使って運動習慣を記録することが考えられます。8参考9参考10参考

「Fitbit」は、1日の活動レベルを測定するウェアラブルデバイスです。身体活動を記録するための優れたリソースとなります。

「Fitbit」は、日本語対応しています。

「Fitbit」は、歩数、歩いたマイル、階段の数を記録することができます。また、Fitbitは心拍数も測定します。

「Fitbit」を使用すると、Fitbitアプリにアクセスすることができ、そこですべての身体活動情報が同期されます。また、食事や水の摂取量、睡眠の習慣、体重の目標なども記録できます。

「Fitbit」はコミュニティ機能も充実しています。このアプリでは、Fitbitを使っている友人や家族とつながることができます。彼らと一緒にさまざまなチャレンジに参加したり、希望すれば進捗状況を共有したりすることができます。

お持ちの「Fitbit」の種類によっては、起床や運動を促すアラームを設定することができます。また、「Fitbit」から携帯電話に通知が届き、その日のフィットネス目標にどれだけ近づいたかを知ることができます。

さらに、特定の目標を達成するたびにアワードを受け取ることができます。例えば、生涯歩行距離990マイルを達成すると、ニュージーランドの全長を歩いたことを意味する「ニュージーランド賞」を受け取ることができます。

また、「Fitbit」アプリでは、食事の記録を取ることでカロリーの範囲内に収めることができ、水の摂取量を記録することで水分補給をすることができます。

「Fitbit」は、Jawbone UP、Apple Watch、Google Fitなどの類似のデバイスやアプリと比較してからお選びください。

このアプリを最大限に活用するには、Fitbitを所有する必要がありますが、それにはコストがかかります。アプリ自体は無料ですが、月々9.99ドル、年間79.99ドルの定期購入など、アプリ内での購入も可能です。

メリット

「Fitbit」は、あなたの活動レベルに関するかなり多くの情報を提供してくれるので、あなたの体重や健康の目標をしっかりと把握することができます。
このアプリは非常に使いやすく、進捗状況を表示してモチベーションを維持する方法がいくつかあります。

デメリット

「Fitbit」を持っていなくてもアプリを使うことができますが、運動、睡眠、心拍数などの機能を使うにはFitbitを持っている必要があります。「Fitbit」には様々な種類があり、高価なものもあります。

「Fitbit」アプリのダウンロード

「WW」 (Weight Watchers)アプリ

WW (Weight Watchers)アプリ

「WW」は、以前はWeight Watchersと呼ばれていた会社で、体重減少と維持を支援する様々なサービスを提供しています。

「WW」は、日本語対応していません。

「WW」はスマートポイントシステムを採用しており、ユーザーが1日の割り当てカロリー内に収まり、脂肪の減少を促進します。ポイントシステムには、赤身のタンパク質、野菜、果物などのゼロポイント食品が含まれています。

ポイントシステムには、赤身のたんぱく質や野菜、果物などの「ゼロポイント」食品も含まれており、個人の目標に応じて、目標とする「ポイント」が設定されます。

いくつかの研究では、Weight Watchersが体重コントロールにプラスの効果をもたらす可能性があることが実証されています。11参考12参考

39件の研究をまとめたあるレビューでは、Weight Watchersに参加した人は、参加しなかった人に比べて、1年後に少なくとも2.6%の体重減少を達成したことがわかりました。13参考

「WW」に参加するには、全米各地で開催されている対面式のミーティングに参加します。それ以外にも、WWは「WW」アプリを使って完全にデジタル化されたプログラムを提供しています。

「WW」アプリでは、体重や食事の摂取量を記録し、”ポイント “を管理することができます。バーコードスキャナーを使えば、食品の入力も簡単です。
「WW」アプリには、アクティビティ・トラッカー、毎週のワークショップ、ソーシャル・ネットワーキング、ご褒美システム、24時間365日のライブ・コーチングなども用意されています。

「WW」アプリのもう一つの利点は、8,000以上のWW承認レシピの幅広いコレクションがあり、食事の時間や食事の条件に基づいて検索できることです。

「WW」アプリの価格は変動します。アプリへの基本的なアクセスは週に3.22ドル、アプリとパーソナルデジタルコーチングは週に12.69ドルです。

メリット

WWアプリでは、詳細やグラフで進捗状況を確認することができます。
24時間365日のライブコーチングを受けることができ、また、仲間のWWメンバーのソーシャルネットワークがあなたのモチベーションを維持するのに役立ちます。

デメリット

人によっては、ポイントを数えるのが難しい場合があります。
このアプリの効果を得るためには、購読料を支払わなければなりません。

「WW」 (Weight Watchers)アプリのダウンロード

「Noom」アプリ

「Noom」アプリ

「Noom」は人気のダイエットアプリで、ユーザーが持続的なライフスタイルの変化によって体重を減らすことをサポートします。

「Noom」は、日本語対応していません。

「Noom」は、特定のライフスタイルや健康に関する質問への回答や、現在の体重、身長、性別、減量目標に基づいて、1日のカロリー予算を割り当てます。

「Noom」アプリでは、350万種類以上の食品を含むデータベースを使って、ユーザーが摂取した食品を追跡することができます。

また、このアプリでは、体重や運動量、血糖値などの健康に関する重要な指標を記録することができます。

「Noom」はまた、勤務時間中にバーチャルヘルスコーチングを提供し、ユーザーにマインドフルな食事法などの役立つツールを教えたり、モチベーションを高める読み物やクイズを提供したりしています。

これらのツールは、食事や活動とのより健康的な関係を促すためのものです。

「Noom」の利用料金は、月額プランが59ドル、年間プランが199ドルとなっている。

メリット

「Noom」は、個人に合わせたヘルスコーチングを提供します。
また、色分けされたシステムにより、栄養価の高い食品の摂取を促進する。
コミュニティグループやライブチャットによるサポートが受けられる。

デメリット

このアプリのメリットを得るためには、購読料を支払う必要があります。

「Noom」アプリのダウンロード

「FatSecret」アプリ

「FatSecret」アプリ

サポートシステムを持つことは、体重管理に役立つかもしれません。「FatSecret」アプリは、ユーザーにそのサポートを提供することに重点を置いています。

「FatSecret」は、日本語対応していません。

このアプリでは、食事の摂取量を記録したり、体重をモニターしたり、コミュニティチャット機能で他の人と交流したりすることができます。

他のユーザーとチャットできるだけでなく、グループに参加して同じような目標を持つ人たちとつながることもできます。

調査によると、ソーシャルサポートを受けている人は、そうでない人に比べて、減量の達成と維持に成功する傾向があります。14参考15参考

2010年に行われた研究では、インターネット上の減量コミュニティに参加した被験者の約88%が、グループに参加することで励ましや動機付けが得られ、減量の努力が支えられたと報告しています。16参考

「FatSecret」アプリには、自分で作れる健康的なレシピが多数掲載されているほか、成功例や欠点など、減量の道のりに関する情報を記録できるジャーナルが用意されています。

「FatSecret」アプリが他の減量アプリと異なるのは、プロフェッショナルツールで、食事、運動、体重のデータを希望する医療機関と共有することができる点です。

このアプリは無料でダウンロードできます。月額6.99ドル、年間38.99ドルのサブスクリプションを選ぶことができます。

メリット

「FatSecret」アプリの栄養データベースは膨大で、他の方法では追跡するのが難しい多くのレストランやスーパーマーケットの食品を含みます。
「FatSecret」アプリは1日の摂取カロリーだけでなく、月ごとの平均カロリーも表示することができるので、進捗状況の確認に役立ちます。
登録はとても簡単で無料です。

デメリット

コンテンツが膨大なため、ナビゲートするのは難しいかもしれません。

「FatSecret」アプリのダウンロード

「Cronometer」アプリ

「Cronometer」アプリ

「Cronometer」は、栄養、フィットネス、および健康データを追跡することができる別の減量アプリです。

「Cronometer」は日本語対応していません。

他のアプリと同様に、30万以上の食品のデータベースに加えて、幅広いカロリー計算機能を備えています。また、食べたものを簡単に記録できるバーコードスキャナーも搭載しています。

「Cronometer」は、摂取カロリーをコントロールしながら最適な栄養素を摂取することに重点を置いています。最大82種類の微量栄養素を記録し、1日に必要なビタミンやミネラルを満たしているかどうかを確認できます。
また、特定の期間における目標体重への進捗状況を表示するトレンド機能にもアクセスできます。

「Cronometer」のもう一つの特徴は、「スナップショット」のセクションです。ここでは、自分の体の写真をアップロードして、減量の過程で比較することができます。また、体脂肪率の推定も可能です。

「Cronometer」には、栄養士、栄養士、ヘルスコーチが使用できるCronometer Proというバージョンもあります。

さらに、このアプリにはフォーラムがあり、様々な栄養に関するトピックについて他のユーザーとオンラインで議論をすることができます。

このアプリは無料でダウンロードできます。すべての機能を利用するには、月額5.99ドルまたは年額34.95ドルの「ゴールド」にアップグレードする必要があります。

メリット

他のアプリと比較して、クロノメーターはより多くの栄養素を記録することができ、全体的な栄養素の摂取量を改善しようとしている場合に役立ちます。
「Cronometer」は、コレステロール値や血圧などの生体情報を含む、膨大な量の情報を記録することができます。
とても使いやすいアプリです。同社のウェブサイトにはブログやフォーラムもあり、ユーザーは質問をしたり、使い方の情報を得たりすることができます。
FitBitやGarminなど、他のアプリやデバイスと栄養や活動データを同期することができます。

デメリット

このアプリのメリットを最大限に享受するには、購読料を支払う必要があります。

「Cronometer」アプリのダウンロード

「MyNetDiary」アプリ

「MyNetDiary」アプリ

「MyNetDiary」は、ユーザーフレンドリーなカロリーカウンターです。ダイエットや健康維持のための様々な機能を提供しています。

「MyNetDiary」は、日本語対応していません。

パーソナライズされたDaily Calorie Budget(1日のカロリー予算)を使用して、カロリー、栄養、および減量を記録することができます。

「MyNetDiary」には、845,000以上の検証済み食品のデータベースが含まれていますが、ユーザーが追加したものを含めると、100万以上の食品のデータを得ることができます。また、45種類以上の栄養素のデータも提供しています。

アプリには、レポート、チャート、統計情報が用意されており、食事内容、栄養素、カロリーを可視化することができます。

また、バーコードスキャナを使って、パッケージされた食品を食べたときに簡単に記録することもできます。

「MyNetDiary」は、糖尿病患者が症状、薬、栄養、運動、血糖値を記録するのに役立つ「Diabetes Tracker」アプリも提供しています。

このアプリは無料でダウンロードできます。また、月額8.99ドル、年間59.99ドルで購読することができます。

メリット

アプリは無料です。
MyNetDiaryは、Garmin、Apple Watch、Fitbit、Google Fitなど、他の健康アプリと同期できます。
このアプリには、ランニングやウォーキング用のGPSトラッカーが内蔵されています。

デメリット

すべての機能を利用するには、サブスクリプションが必要です。

「MyNetDiary」アプリのダウンロード

まとめ

今日の市場には、2021年の減量目標をサポートするために使用できる便利なアプリがたくさんあります。

その多くは、トラッキングツールを使って、体重、食事量、運動習慣をモニターしています。また、食料品の買い物や外食の際に健康的な選択をするためのガイダンスを提供するものもあります。

さらに、多くのダイエットアプリには、コミュニティサポート、ポイントシステム、進捗状況を記録するツールなど、モチベーションを高めるための要素が含まれています。

減量アプリにはいくつかのメリットがありますが、中にはデメリットもあります。例えば、人によっては、時間がかかりすぎたり、負担が大きすぎたり、精神的に参ってしまったりすることがあります。

たくさんのアプリや機能がある中で、自分に合ったものをいくつか試してみてはいかがでしょうか。

現在、日本語対応しているアプリは、「Lose It!」、「MyFitnessPal」、「Fitbit」です。

「WW」、「Noom」、「FatSecret」、「Cronometer」、「MyNetDiary」については日本語に対応していません。

Source:healthline

コメント

タイトルとURLをコピーしました