ダイヤモンドにまつわる14の事実

ダイヤモンドにまつわる14の事実 出来事や雑学

長年にわたり、ダイヤモンドは最も華やかな宝石のひとつとして君臨してきました。では、ダイヤモンドの魅力とは一体何なのでしょうか?わずか数秒で人の心を惹きつける力を持っているだけでなく、ダイヤモンドが太古の昔よりに形成されたという事実も注目に値します。ここでは、この魔法の宝石をさらに好きになってしまうような10の事実をご紹介します。

ここではダイヤモンドにまつわる10の事実をご紹介します。

1.ロウソクの炎には何百万個もの小さなダイヤモンドが含まれている

昔から多くの詩人が、ロウソクの炎の揺らぎをダイヤモンドの華やかさに例えてきました。もちろん、創作者たちの言葉は真実から大きく外れているわけではありません。セント・アンドリュース大学の化学教授であるWuzong Zhou氏によると、ロウソクの炎の中には約150万個のダイヤモンドのナノ粒子が含まれているそうです。

2.愛する人の遺灰をダイヤモンドに変えることができる

愛する人の遺骨をダイヤモンドにする。大切な人の遺骨をダイヤモンドにする。亡くなった大切な人との永遠のつながりを求めているなら、遺灰をPSIの環境下に置き、圧縮して人工ダイヤモンドにするという方法があります。実は遺灰に限らず、ピーナッツバターからでも人工ダイヤモンドを作ることができます。

3.15歳の少年が発見した世界最大級のダイヤモンド

15歳の少年が発見した世界最大級のダイヤモンド

美しい「ユーレカ・ダイヤモンド」は、1867年に15歳の少年エラスマス・ステファヌスによって南アフリカで初めて発見されました。21.25カラットのダイヤモンド原石は、オレンジ川のホップタウン付近で発見されました。15歳の少年は価値が分からずおもちゃとして使用した後、隣人が購入を申し出た際に隣人に譲りました。現在、研磨されたダイヤモンドの重さは10.73カラットです。

4.宇宙にもダイヤモンドがある

2007年、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターは、ダイヤモンドの核を持つ白色矮星「ルーシー」を発見したと発表しました。ビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンド」にちなんで名付けられたこの星は、地球から50光年の距離にあります。宇宙最大のダイヤモンドは、重さ2兆2700億トン、重さ100億カラットにもなります。

5.宇宙にはダイヤモンドを降らせる惑星がある

2017年、科学者たちは、海王星と天王星に降ると思われるダイヤモンドの雨を、地球上の研究室内で再現しました。魔法のような瞬間を再現するために、科学者はポリスチレンのシートに音波で衝撃を与え、惑星の高圧を模倣しました。その結果、ほとんどすべての炭素原子が、幅わずかナノメートルの小さなダイヤモンドになったのです。科学者たちは、海王星と天王星のダイヤモンドはもっと大きく、数百万カラットの重さになるかもしれないと考えています。

6.ダイヤモンドは、カットと研磨の過程で重量の50%が失われます

ダイヤモンドの原石がその潜在能力を最大限に発揮するためには、カッティングと研磨のプロセスを経ることになりますが、その際にダイヤモンドは元の原石のカラット数の平均50%まで失われます。

7.建設現場には、たくさんのダイヤモンドがある

ダイヤモンドは非常に強いので(自然界の他の物質の58倍の硬度があります)、力仕事をするときに最適です。世界で採掘されるダイヤモンドの約80%は、工業用のドリルチップやカッターブレード、グラインダーなどに使われています。

8.ダイヤモンドのエンゲージメントリングが発明されたのは1477年

ダイヤモンドのエンゲージメントリングが発明されたのは1477年

1477年、オーストリアのマックスミリアン大公は、ブルゴーニュのマリアに他の求婚者よりも優位に立つために、史上初のダイヤモンド・エンゲージメント・リングを贈りました。それは薄い金の指輪で、ダイヤモンドの平らな部分で「M」の文字をかたどったものだった。

9.100万分の1の確率?

たった1個のダイヤモンドを見つけるためには、平均して100万個の岩石を採掘しなければなりません。つまり、1トンの岩石を採掘すると、わずか1g/5カラットのダイヤモンドが見つかるということになります。

10.最古のダイヤモンドは数十億年前のもの

これまでに発見された最古のダイヤモンドは、約40億年前のものと推定されています。しかし、平均的なダイヤモンドでも10億年から33億年前のものだといいます。

11.宇宙から来たダイヤモンド

ダイヤモンドの中には、宇宙から来たものもあります。南米やアフリカで発見されたカルボナードダイヤモンドは、30億年前に地球に衝突した小惑星が堆積したものと考えられています。

12.世紀のダイヤモンド強盗

世紀のダイヤモンド強盗

2003年のアントワープ・ダイヤモンド強盗の犯人は、赤外線熱探知機、ドップラー・レーダー、磁場、地震センサー、1億通りの組み合わせが可能な錠など、10層のセキュリティを突破したが、その方法は今日まで誰にもわかっていない。

13.ダイヤモンドのお持ち帰りOK!

アーカンソー州にあるクレーター・オブ・ダイヤモンド州立公園は、アメリカで唯一、自然発生したダイヤモンドを見つけることができる場所です。ここは一般公開されており、見つけたダイヤモンドは大きさに関係なく持ち帰ることができます。

14.ダイヤモンドは 「無敵」を意味する

ダイヤモンドの語源はギリシャ語の「アダマス」で、「無敵」「不滅」を意味します。ダイヤモンドを削ることができるのはダイヤモンドだけであることから、この名前がふさわしいと考えました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました