体長3mのニシキヘビがスーパーに出現

体長3mのニシキヘビがスーパーに出現 出来事

2021年8月17日、オーストラリアのある食料品店(ウールワース)で買い物が、スパイス売り場の棚で10フィート(約3m)のニシキヘビがのたうち回っているのを発見しました。

ヒラリー・リーさんは、シドニー北西部郊外のグレノリーにある食料品の棚で見つけた大蛇の様子を撮影した動画をフェイスブックに投稿しました。

Sydney supermarket snake: Australian shopper removes massive three-metre python from spice section

目撃者のヘライナ・アラティさんによると、彼女は夕食の材料を買うために買い物をしていたところ、そのニシキヘビとご対面したそうです。

「彼は挨拶をしたかっただけなんです」とアラティさんはガーディアン・オーストラリア紙に語っています。

何十人もの人がその前を通り過ぎたに違いありません。

ウールワース社の担当者によると、顧客の安全を守るために従業員がそのエリアを封鎖したとのことです。

かつて蛇を捕まえるボランティアをしていたアラティは、道具を取りに家に戻り、スパイス売り場の通路にいた蛇をより適した野生の生息地に移すために戻ってきました。

「ヘビは冷静で、まったく攻撃的ではありませんでした。防御するような姿勢もありませんでした。袋の中にスルスルと入っていきました。奇妙な場所にいる蛇を見慣れていますが、まさかウールワースにいるとは思いませんでした。」とアラティは言います。

Source:UPI

コメント

タイトルとURLをコピーしました