ゆでたまごダイエットの方法。体重減少に効果がある?

ゆでたまごダイエットの方法。体重減少に効果がある? 健康

ゆでたまごダイエットは、アリエル・チャンドラー氏が2018年に出版した書籍に基づいた食事プランです。

彼女の本では、食事の計画、レシピ、食べるべき食品と避けるべき食品が紹介されており、自分の好みに合わせて簡単にダイエットを行うことができます。

ゆでたまごダイエットの概要

ゆでたまごダイエットは、低炭水化物、低カロリーの食事で、いくつかの特定の食品群に食事を制限することで、体重減少をすばやく促進することを謳っています。

このダイエットにはいくつかのバリエーションがありますが、一般的には、毎食、卵か別の種類の赤身のタンパク質を食べ、さらに、でんぷんの少ない野菜や低炭水化物の果物を1日に1~2皿食べます。

このダイエット法の考案者によると、この低炭水化物・低カロリーの食事パターンは、わずか2週間で最大11kgの減量を可能にするといいます。

また、ダイエット効果だけでなく、血糖値のコントロールや視力の維持、骨や髪、爪の強化にも役立つ栄養素が含まれているとのことです。

ゆでたまごダイエットの実践方法

ゆでたまごダイエットでは、1日の各食事に特定の食品を許可し、その間の間食は禁止します。

朝食には、少なくとも2個の卵と、トマトやアスパラガスなどの非でんぷん質の野菜を1食分、グレープフルーツなどの低炭水化物の果物を1食分摂取してください。

昼食と夕食は、無糖の野菜と卵、または鶏肉や魚などの赤身のたんぱく質を少量ずつ摂取します。

運動は必須ではありませんが、最大限の効果を得るために、自転車やエアロビクス、スピードウォーキングなどの軽い運動をお勧めします。

なお、この食事療法は、1回につき数週間しか続けられないことに留意してください。その後は、通常の食生活に戻るための移行期間を設けることをお勧めします。

食べるもの

ゆでたまごダイエットでは、主に卵、赤身のたんぱく質、低炭水化物の野菜と果物を使用します。
また、水や無糖のお茶やコーヒーなど、カロリーを含まない飲み物も許可されています。

以下は、ダイエットの一環として奨励されている食品の一部です。

:卵の黄身と白身
赤身のタンパク質:皮なしの鶏肉、魚、羊肉、牛肉、豚肉の赤身の部分
非でんぷん質の野菜:ほうれん草、ケール、ルッコラ、ブロッコリー、パプリカ、ズッキーニ、コラードグリーン、トマトなど
低炭水化物の果物:レモン、ライム、オレンジ、スイカ、ベリー類、グレープフルーツ
油脂類:ココナッツオイル、バター、マヨネーズ(いずれも少なめに)
飲み物:水、スパークリングウォーター、ダイエットソーダ、無糖のお茶やコーヒーなど
ハーブとスパイス:ガーリック、バジル、ターメリック、ペッパー、ローズマリー、オレガノ

一部のプランでは、スキムミルクや低脂肪ヨーグルト、チーズなどの低脂肪乳製品も許可されています。

避けるべき食品

ゆでたまごダイエットでは、でんぷん質の多い野菜、穀物、多くの果物など、炭水化物の多い食品を制限します。

また、ソーダのような砂糖入り飲料や、甘くて塩辛いスナック菓子、冷凍食品、ファーストフードなどの加工食品も禁止されています。

ゆでたまごダイエットで避けるべき食品は以下の通りです。

でんぷん質の野菜:じゃがいも、さつまいも、豆類、とうもろこし、えんどう豆
炭水化物の多い果物:バナナ、パイナップル、マンゴー、ドライフルーツ
穀物:パン、パスタ、キヌア、クスクス、ファロ、ソバ、大麦
加工食品:ベーコン、コンビニエンス・ミール、ファーストフード、チップス、プレッツェル、クッキー、菓子類
砂糖入り飲料:炭酸飲料、ジュース、甘茶、スポーツドリンク

ダイエット効果はありますか?

ゆでたまごダイエットは、卵、無地の野菜、低炭水化物の果物など、低カロリーの食材が中心です。

そのため、このダイエット法を実践すると、1日の消費カロリーよりも消費カロリーが少なくなるため、カロリー不足に陥りやすくなります。体重管理にはいくつかの要因が影響しますが、減量にはカロリー不足が不可欠です。1参考2参考3参考

ゆでたまごダイエットは炭水化物も少ないため、減量効果がさらに高まる可能性があります。4参考

実際、12の研究レビューでは、短期的に低炭水化物ダイエットを行うことで、体重減少が有意に増加し、血圧などの心臓病の他のいくつかの危険因子が改善されることがわかりました。5参考

また、BMI25以上の164人を対象とした研究では、低炭水化物ダイエットを20週間続けることで、高炭水化物ダイエットと比較して、代謝が有意に向上し、空腹感を表すホルモンであるグレリンのレベルが低下することがわかりました。6参考

とはいえ、このダイエットでは初期の体重減少は見られるものの、通常の食事を再開すると失った体重が戻ってしまう可能性があることに留意してください。そのため、持続的かつ長期的な減量には最適な選択肢ではないかもしれません。

期待できる効果

ゆでたまごダイエットでは、健康に重要なビタミン、ミネラル、抗酸化物質を豊富に含む赤身のタンパク質、卵、果物、野菜などの健康的な食品を推奨しています。7参考8参考

また、このダイエットでは、砂糖入り飲料や加工食品などの不健康な食材を制限しています。

砂糖入り飲料は、カロリーや炭水化物、糖分を多く含むだけでなく、虫歯や高血圧、炎症、インスリン抵抗性などの問題を引き起こす可能性があることが研究で明らかになっています。9参考10参考11参考

さらに、加工食品を食べると、肥満、心臓病、がんのリスクが高くなる可能性があるという研究結果もあります。12参考13参考14参考

また、「ゆでたまごダイエット」は、レシピや食事計画、どの食品を食べて避けるべきかなどのガイダンスを提供しているため、より体系的なダイエットを求める人には役立つかもしれません。

デメリット

ゆでたまごダイエットは、特定の食品だけを許可し、食品グループ全体を排除するなど、制限が厳しく、食事はバラエティに富んでいません。

そのため、長期的に続けることが難しいだけでなく、必要な栄養を摂取することも難しくなります。特定の食品だけを許可しているため、栄養不足のリスクが高まり、特に長期的に食事療法を行う場合は注意が必要です。

例えば、全粒穀物には食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜にはビタミンC、カリウム、マグネシウムが含まれています。これらの食品群はいずれもダイエットでは使用できません。15参考16参考

さらに、この食事療法はカロリーが低いため、多くの人にとって十分な量を摂取できない可能性があります。

長期間のカロリー制限は、エネルギーレベルの低下、免疫機能の低下、骨密度の低下、月経障害などの深刻な副作用を引き起こす可能性があります。17参考18参考19参考20参考

また、食品群全体を排除し、摂取量を極端に制限することで、不健康な食習慣を助長する可能性もあります。

最後に、卵はコレステロールを含むため、歴史的に不健康と考えられてきましたが、研究者たちは、卵を食べても血中コレステロール値への影響はごくわずかであることを発見しています。21参考

まとめ

ゆでたまごダイエットは、低炭水化物、低カロリーの食事プランで、迅速で効果的な減量を約束します。

しかし、制限が多く、実行するのが難しく、継続性がありません。

さらに、短期的には体重が減るかもしれませんが、通常の食生活に戻ると元に戻ってしまう可能性が高いのです。

長期的な減量を成功させるには、加工食品や砂糖入り飲料の制限など、計画の原則を健康的でバランスのとれた食生活に取り入れることがより効果的です。

Source:healthline and NCBI

コメント

タイトルとURLをコピーしました