何千匹もの猫を調査し、7つの性格的特徴を発見

何千匹もの猫を調査し、7つの性格的特徴を発見 生物学

新しい研究によると、それぞれの猫の性格や行動は、たった7つの特徴の組み合わせで定義できるそうです。

本研究は「Animals」に掲載されました。

フィンランド・ヘルシンキ大学の獣医学者サラ・ミッコラ氏は、「犬に比べて、猫の行動や性格についてはあまり知られておらず、関連する問題や危険因子を特定することが求められています」と語ります。

「問題のある行動を排除し、猫の福祉を向上させるためには、より多くの理解とツールが必要です。猫の行動に関する最も一般的な課題は、攻撃性と不適切な排泄(家の中での排尿や排便)に関するものです」と述べています。

猫の性格や行動の調査

調査は、動物福祉サイト「Petsofi」に掲載された138問のアンケートを、猫の飼い主が記入することで行われました。というのも、猫は実験室での行動と家での行動が大きく異なることがあるため、実験で観察すると不正確な結果になる可能性があるからです。

アンケートには、猫の性別、年齢、犬種、毛色、主な行動などを記入してもらいました。また、一定の時間が経過した後に、もう一度アンケートに答えてもらいました。これにより、2つの調査を比較することで、報告の正確性を測ることができました。

年齢が確認できない猫、重複して記入されている猫、記入漏れが多い猫などを除いて、最終的に4,316匹の猫が対象となりました。その結果、猫の特徴を5つの性格的特徴と2つの行動的特徴に絞ることができました。それらは

・活動的・遊び好き
・恐怖心が強い
・人間への攻撃性
・人間に対する社会性
・猫への社会性
・トイレ問題(トイレを嫌がったり、使い方が下手だったりする)。
・過剰なグルーミング

意外かもしれませんが、猫種によって性格の傾向が異なることも明らかになりました。

ヘルシンキ大学の獣医学者ハネス・ロヒ氏は、「最も恐怖心が強いのはロシアンブルーで、最も恐怖心が弱いのはアビシニアンでした」と述べています。

研究の結果、ベンガルは最も活動的な猫種で、ペルシャとエキゾチックは最も受動的な猫種でした。過剰なグルーミングをする猫種はシャムとバリニーズで、ターキッシュバンは人間への攻撃性がかなり高く、猫への社交性が低いという結果になりました。

この研究のポイントは、対象となるネコの行動分析を行うことではなく、ネコの行動に関する情報を収集するためのチームの調査の有効性を示すことにあります。

今回の研究には、猫の品種や年齢に関する人間の報告を検証できないなど、いくつかの制限がありますが、全体的には、この調査モデルは猫の特徴を理解するための有用なツールになると研究チームは考えています。

また、収集したデータは、猫の性格がどのように変化するかの概略を示すとともに、今後の研究の基礎となるものでした。

ミッコラ氏は、「私たちは、品種間で性格特性に違いがあるかどうかについて、大まかな見当をつけたかったのです。今後の研究では、より複雑なモデルを用いて、特性や問題行動に影響を与える要因を調べていきます。これらのモデルでは、品種に加えて、猫の年齢、性別、健康状態、および幅広い環境要因を考慮する予定です。」と語りました。

Source:sciencealert, DOI: 10.3390/ani11071991

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました