アボカドは女性のお腹周りを健康的なものに変える

アボカドは女性のお腹周りを健康的なものに変える 健康

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とその共同研究者らによる新しい研究によると、1日1個のアボカドが、女性のお腹の脂肪をより健康的なものに再配分するのに役立つ可能性があることがわかりました。

体重過多および肥満の成人150人が、1日1食を12週間提供する無作為化対照試験に参加しました。毎日の食事の一部としてアボカドを摂取した女性は、より深い内臓の腹部脂肪が減少しました。

イリノイ州の運動学と地域保健学の教授であるナイマン・カーン氏が率いる研究者たちは、Hass Avocado Boardから資金提供を受けた研究結果をJournal of Nutrition誌に発表しました。

研究者は、「目的は体重減少ではなく、アボカドを食べることで体脂肪の蓄え方がどう変わるかを理解することでした。体内の脂肪の位置は、健康に重要な役割を果たします。腹部には2種類の脂肪があります。皮下脂肪と呼ばれる皮膚のすぐ下に蓄積される脂肪と、内臓脂肪と呼ばれる腹部の奥深くに蓄積され、内臓を取り囲むように存在する脂肪です。この内臓脂肪の割合が高い人は、糖尿病の発症リスクが高い傾向にあります。そこで私たちは、アボカドの摂取によって皮下脂肪と内臓脂肪の比率が変化するかどうかを調べることに興味を持ちました。」と述べています。

今回のアボカドの研究

参加者は2つのグループに分けられました。一方のグループには新鮮なアボカドを取り入れた食事を、もう一方のグループにはほぼ同じ材料で同じようなカロリーですがアボカドを含まない食事を用意しました。

12週間の開始時と終了時に、参加者の腹部脂肪と、代謝の指標であり糖尿病のマーカーでもある耐糖能を測定しました。

1日1個のアボカドを食事の一部として摂取した女性参加者は、高リスクに関連するターゲットになりにくい脂肪である内臓の腹部脂肪が減少し、内臓脂肪と皮下脂肪の比率が低下して、脂肪が内臓から離れた場所に再配分されたことがわかりました。しかし、男性の脂肪分布は変わらず、男性も女性も耐糖能の改善は見られませんでした。

「アボカドを毎日摂取しても耐糖能に変化はありませんでしたが、私たちが学んだのは、アボカドを毎日摂取する食事パターンは、個人の体脂肪の蓄積方法に健康に有益な影響を与えるが、その効果は主に女性にあるということです。」とカーン氏は言います。

研究者らは、アボカドの摂取による代謝効果をより完全に把握するために、参加者に毎日の食事をすべて提供し、腸内環境や身体の健康に関する追加のマーカーを調べる追跡調査を実施し、男女間の差が残るかどうかを判断したいと述べています。

共同研究者であるロンドンのローハンプトン大学のリチャード・マッケンジー教授(人間代謝学)は、「今回の研究は、毎日のアボカド摂取が男女の異なる脂肪分布に与える影響を明らかにしただけでなく、アボカドが体脂肪と健康に与える影響を完全に理解するために、さらなる研究を行うための基盤を提供するものです。さらに研究を進めることで、どのような人がアボカドを食生活に取り入れることで最も恩恵を受けるのかを明確に把握することができ、医療アドバイザーが患者に対して脂肪蓄積や糖尿病の潜在的な危険性を減らすための指導を行うための貴重なデータを提供することができるでしょう。」と述べています。

Source:scitechdaily, DOI: 10.1093/jn/nxab187

コメント

タイトルとURLをコピーしました