テナガザルの頭蓋骨から古代人の社会生活を理解する方法を探る

テナガザルの頭蓋骨から古代人の社会生活を理解する方法を探る 生物学

霊長類の進化に社会的行動がどのように影響したかについての新たな手がかりとなる、これまで認識されていなかった一部のテナガザルとフクロテナガザルのオスとメスの違いを発見しました。

テナガザルとフクロテナガザルは、東南アジア、インド、中国の一部に生息する小型の類人猿です。ほとんどの種は社会的に一夫一婦制で、ペアで生活しています。

すべての動物がそうであるように、テナガザルとフクロテナガザルも、さまざまな環境や社会的圧力に対応して、自然淘汰と性淘汰を経て進化してきました。テナガザルやフクロテナガザルを含め、現在生きているサルや類人猿の種を見ることで、彼らを形成した力を理解することができます。そうすれば、彼らの遠い親戚であるホモ・サピエンスや絶滅した彼らの祖先を形成した力についても、より詳しく知ることができるかもしれません。

動物の中には、仲間や資源をめぐるオス同士の競争によって、身体的特徴に性差が生じるものがあります。サルや類人猿の多くの種では、オスの大きな犬歯が攻撃性の視覚的なシグナルとして用いられています。同様に、ゴリラのオスの頭蓋骨の上部にある大きな骨の隆起(矢状突起)と、それを囲む脂肪の塊は、オスが戦いに勝ち、メスを惹きつける能力と関連しています。

これまで、テナガザルやフクロテナガザルのオスの身体的特徴の形成に、オス同士の競争が強い役割を果たしているという兆候はありませんでした。International Journal of Primatologyに掲載された私の新しい研究によると、8種のうち3種では、頭蓋骨と犬歯に性差があることがわかりました。

顔、歯、そして競争

これらの結果は、これら3種(他の5種は除く)のオスの顔の大きさと犬歯の大きさが、性淘汰の重要なターゲットであることを示唆しています。これらの形質は、オス同士の攻撃性や社会的シグナルと関連しています。テナガザルとフクロテナガザルのオスは互いに弱い社会的絆を示していますが、なぜある種のオスには強化された身体的特徴が進化し、他の種にはないのか、その理由を彼らの行動を調べることで理解することはまだできていません。

ゴリラやオランウータンは、オス同士の競争に伴う淘汰の対象となっていますが、今回の結果は、テナガザルやフクロテナガザルの一部の種が同様の問題に直面している可能性を示唆しています。これらの種のオスは、メスに比べて、顔の骨格に大きさや形の違いが生じ、犬歯も大きいです。

テナガザルやシャムアンのオスにかかる選択的圧力は、一部の類人猿のように、メスへのアクセスをめぐってオス同士が激しく争うことによるものではないと考えられます。むしろ、体がやや大きく、顔の形がはっきりしていることで、侵入してきたオスを追い払ったり、他のオスに子孫を殺されないようにしたりする能力が高まっているのではないかと考えられます。

骨のある眉

ヒガシフーロックテナガザルでは、顔面骨格の性差が社会的コミュニケーションに関係していることが示唆されました。

ヒガシフーロックテナガザルのオスは、眼窩の上にある骨の構造(眉毛)がメスよりも24%大きいです。頭蓋骨の全体的な大きさは、オスはメスより5%大きいだけなので、オスの眉毛は不釣り合いに大きいのです。

イースタンフーロックテナガザルの雄の頭蓋(左)と雌の頭蓋(右)の線画。

イースタンフーロックテナガザルの雄の頭蓋(左)と雌の頭蓋(右)の線画。本種(Hoolock leuconedys)のオスは、メスに比べて、より顕著な眉毛と大きな犬歯を持つ。©Katharine Balolia

ヒガシフーロックテナガザルのオスは、白い毛が眉間の部分を強調していますが、メスにはありません。この白い毛皮の色は、下にある骨の構造を強調するために進化したのかもしれません。フーロックテナガザルのオスの大きな眉毛は、他のオスに社会的優位性を示す視覚的なシグナルとして機能しているのかもしれない。

人とのつながり

8種のテナガザルとフクロテナガザルのうち3種では、頭蓋骨と犬歯に性差が見られることから、これらの違いが社会行動の微妙な違いにつながっているのかもしれません。しかし、その理由を完全に理解するためには、より広範な霊長類において、顔面寸法の性差がオスとメスの社会的行動の特定の側面とどのように関連しているかを精査する、より厳密な研究が必要です。

頭蓋骨の特定の部位が、攻撃性や優位性の視覚的なシグナルなど、社会的行動の側面と強く関連しているとすれば、化石化した骨格で知られる初期の人類の祖先や親族の社会生活についての洞察が得られるかもしれません。

このような研究が進めば、絶滅した人類の家系がどのように社会生活を営んでいたのかをより深く理解することができるようになります。これには、アウストラロピテクス(約400万年前から生きていた二足歩行の猿のような親戚)や、280万年前から知られているホモ属のメンバーも含まれます。

私たちの祖先がどのような社会生活を送っていたかを知ることで、私たちの種であるホモ・サピエンスが誕生した背景について、より豊かな進化論的理解が得られるかもしれません。The Conversation

著者情報:キャサリン・バロリア1オーストラリア国立大学生物人類学講師
This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

コメント

タイトルとURLをコピーしました