愛犬が健康で長生きするための5つの方法

愛犬が健康で長生きするための5つの方法 生物学

犬と一緒に暮らしたことのある人ならわかると思いますが、毛むくじゃらの友達と一緒に過ごす時間はなかなかないように感じます。ほとんどの犬は、平均して10年から14年程度しか生きられません。しかし、自然に長生きする犬もいれば、特定の病気にかかって寿命が短くなる犬もいます。

しかし、多くの人が知らないことですが、人間と犬には、加齢に伴う癌の素因など、多くの遺伝的共通点があります。つまり、人間が健康で長生きするためにできることの多くは、犬にも有効だということです。

ここでは、愛犬がより健康で長生きするための方法をいくつかご紹介します。

1. ウェストラインに気をつける

健康的な体重を維持することは、さまざまな動物の長寿につながる要因のひとつです。そのためには、犬の体重が増えすぎないようにし、摂取カロリーを慎重に管理する必要があります。痩せていて健康的な体重は、長期的に見て犬のためになるだけでなく、変形性関節症などの特定の健康状態の影響を抑えるのにも役立ちます。

定期的な体重測定やボディコンディションスコアリング(愛犬の体型を見て、体重計で「スコア」をつけ、体重過多か健康的な体重かをチェックする方法)で、愛犬の体重を注意深くモニターし、管理しましょう。この2つの方法を併用することで、体重の変化を把握し、必要に応じて食事を変更することができます。

給餌量はガイドラインを参考にしてください。ただし、犬の年齢や活動量に応じて、健康的な体重を維持するためにフードの種類や給餌量を変える必要があるかもしれません。愛犬に与える量を正確に把握することも、体重管理には欠かせません。フードを目分量ですくうのではなく、重さを測るようにしましょう。

より一般的には、良い栄養状態は健康的な加齢プロセスと関連しており、何を与えるかは、どれだけ与えるかと同じくらい重要であることを示唆しています。犬によって「良い」栄養状態は異なりますが、安全で美味しく、犬に必要な栄養素をすべて摂取できるフードを探してみてください。

2. たくさんのお散歩

運動には、愛犬にとって(そして私たちにとっても)生理的・心理的に多くのメリットがあります。運動は犬の体重管理に役立ちますし、遺伝的に似ている他の種ではアンチエイジング効果と関連しています。

運動だけで犬の寿命が延びるわけではありませんが、体重過多から犬を守ることができるかもしれません。そして実際に、「幸せな」犬の散歩は、犬も人も幸せにするという研究結果が出ています。

3. 新しい芸を教える

犬に新しい芸を教える

犬に新しい芸を教える

老化は肉体的なものだけではありません。愛犬の心を豊かにすることも大切です。一般的な格言とは異なり、老犬には新しい芸を教えることができ、その結果、犬の脳と体を若く保つことができるかもしれません。

身体活動が制限されている場合でも、愛犬と一緒にできる香り付けなど、体に負担のかからないゲームや遊びを探してみましょう。犬にとって鼻を使うことは、本来、やりがいのある楽しいことなので、香りで物を探す訓練をすれば、心身ともに鍛えられます。

また、通常の運動ができない病気の犬には、ハイドロセラピー(水泳による運動)などの運動もよいでしょう。

4. 絆を深める

多くのコンパニオンアニマル1従来の所有物扱いの呼称である「ペット(愛玩動物)」に対して、生活していく上での伴侶的存在であり、より密接な関係を人間と持っている動物という意味で使われています。がそうであるように、犬も世話をする人に明確な愛着を持ちます。人間と犬との絆は、犬にとって伴侶となるものであり、愛犬家は犬を家族の一員と表現することもあります。

犬との絆が安定していれば、飼い主と犬との間の幸福で相互に有益なパートナーシップを維持することができます。また、愛犬の行動や動作の微妙な変化に気づくことができ、潜在的な懸念を示唆することにもなります。

世話をする人と犬の間に相性の良さがあれば、より良い関係を築くことができますし、ストレス解消や運動不足解消など、飼い主にとってもメリットがあります。愛犬と一緒に遊ぶなど、ポジティブで楽しい経験を共有することで、絆を深めることができます。

5. 獣医の診察をサボらない

現代の獣医学では、犬の健康問題の予防と管理が大幅に改善されています。ワクチン接種や寄生虫管理プログラムの成功により、犬の排泄物から人間に感染するトキソカリア症や、犬から犬、犬から人間に感染する狂犬病など、犬と人間の両方の病気の発生率を効果的に減らすことができました。

獣医師と良好な関係を築くことで、愛犬のニーズに合った治療法を提案したり、相談したりすることができます。また、定期的に健康診断を行うことで、歯の問題や変形性関節症など、痛みを伴い犬の健康に悪影響を及ぼす可能性のある問題を治療可能な段階で発見することができます。

結局のところ、犬の寿命に影響を与えるのは、犬の遺伝と生活環境の組み合わせなのです。遺伝を変えることはできませんが、犬の健康状態を改善するためにできることはたくさんあります。The Conversation

著者情報:ジャクリーン・ボイド2ノッティンガムトレント大学畜産学上級講師
This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

コメント

タイトルとURLをコピーしました