高齢者の死亡時期を予測するオンライン計算機が開発される

高齢者の死亡時期を予測するオンライン計算機が開発される 健康

オンタリオ州オタワ – 科学者たちは、高齢者の死亡時期を予測できるオンライン計算機を開発しました。

高齢者の死亡時期を予測する計算機とは?

この計算機は、高齢者自身の死に対する心境の変化を理解し、その家族が介護の計画するのに役立つだろうと科学者は述べています。

このデータは、2013年から2017年の間に在宅介護を利用した49万1,000人以上の高齢者を対象としており、今後5年以内に死亡する可能性が高い人に焦点を当てています。算出された余命は、非常に虚弱な人の場合、4週間という低い値になることもあります。もちろん確実にそうなるというものではなく、あくまで予測です。

オンライン計算機の質問内容

質問では脳卒中、認知症、高血圧などの病気と診断されたことがあるかどうか、また、過去1週間の間に生活する上で困難さを感じたかなど尋ねられます。また、意思決定の能力や、嘔吐、むくみ、息切れ、予定外の体重減少、脱水、食欲不振などの症状が出ていないかどうかも聞かれます。50歳以下の方は使えません(先へ進めません。)

「支援のためのリスク評価:地域における高齢者生活の予測ツール」(RESPECT)

英語ですのでgoogle翻訳などを使用するとわかりやすいです。

質問の日本語訳

PCとスマホなど二つのデバイスで照らし合わせながらできるように一応日本語訳を載せておきます。

Who are you completing this assessment for?
(誰のためにこの評価を行いますか?)
※一つ選ぶ
・Me(私)
・A family member(家族)
・A patient(親)

Are you sure you would like to begin?
(本当に始めてもよろしいですか?)

I understand that…(私は理解しています…)
※すべてチェックしないと始まらない。
・this calculator focuses on people who are likely to die within the next 5 years.
(この計算機は、今後5年以内に死亡する可能性が高い人に焦点を当てています。)
・a calculated life expectancy can be as low as 4 weeks for people who are very frail.
(算出された平均余命は、非常に体が弱い人の場合、4週間程度になってしまうこともあります。)
・I am encouraged to review my results with a health care professional.
(私の結果を医療専門家と一緒に検討することをお勧めします。)
Please note, this calculator was created for people using and needing home care. Would you like to continue with this calculator?
(この計算機は、在宅介護をしている人や必要としている人のために作られたものです。この計算機の使用を続けますか?)
※どちらか選ぶ
No(いいえ)/Yes(はい)

Here are some questions about you(ではあなたについていくつかの質問します。)

Please indicate your sex:
(性別は?)
※どちらか選ぶ
Female(女性)/Male(男性)
What is your age?
(ご年齢は?)
※自分の年齢を入力(50歳未満の方は進めません)
What was the highest level of education that you have completed?
(あなたの最高学歴は?)
※いずれか選ぶ
・Did not complete high school(高校を卒業していない)
・Graduated high school(高卒)
・Technical or trade school(専門学校卒)
・College or university(大卒)
・Unknown/Do not want to disclose(不明もしくは言いたくない)
Has a doctor and/or another health care professional told you that you have one or more of the following diseases or chronic health conditions? Check all that apply.
(医師やその他の医療専門家から、以下の病気や慢性的な健康状態にあると言われたことがありますか?該当するものすべてにチェックを入れてください。)
※該当するものすべてにチェック
・Stroke(脳卒中)
・Alzheimer’s Disease or dementia(アルツハイマー病または認知症)
・Congestive heart failure(うっ血性心不全)
・Coronary heart disease(冠状動脈性心臓病)
・Hypertension(高血圧症)
・Multiple sclerosis(多発性硬化症)
・Parkinson’s disease(パーキンソン病)
・Cancer (in past 5 years) but not including skin cancer)(がん(過去5年以内)ただし皮膚がんを除く)
・COPD (Chronic Obstructive Pulmonary Disease), emphysema or asthma(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫、喘息)
・Renal failure(腎不全)
・None of the above(上記のいずれでもない)
Has a doctor and/or another health care professional told you that you have less than 6 months to live?
(医師や他の医療従事者から、余命6ヶ月以内と言われたことがありますか?)
※いずれか選ぶ
No(いいえ)/Yes(はい)

To the right are results from the questions that you have completed so far.(右側は、これまでに回答していただいた質問の結果です。)※ここまでの質問でのリスク評価

There are a few different ways to understand you risk. Try toggling between the four tabs! As you provide more information, his predicted risk will be updated.(自分のリスクを知るにはいくつかの方法があります。より多くの情報を提供すると、予測されるリスクが更新されます。)

Here are some questions about your ability to live on your own.(ここでは、あなたの生活の能力について質問します。)

Have you had any difficulty with the following tasks in the past week?
(この1週間で、以下の作業に困難を感じましたか?)
※該当するものすべてにチェック

・Meal preparation (e.g., meal planning, cooking, serving the meal)(食事の準備(例:食事の計画、調理、食事の提供))
・Housekeeping (e.g., dusting, dishwashing, bed making, laundry, etc.)(家事(ほこりを払う、食器を洗う、ベッドメイキングをする、洗濯をするなど))
・Using the telephone (i.e., can look up, recall, and dial numbers)(電話の使用(例:番号を調べたり、呼び出したり、ダイヤルしたりできる)
・None of the above(上記のいずれでもない)
Has your ability to carry out these tasks gotten worse over the past 3 months?(過去3ヵ月間に、これらの作業を行う能力が低下しましたか?)
※いずれか選択

No(いいえ)/Yes(はい)
Has your ability to make decisions worsened over the last 90 days? (e.g., when to get up or have meals, which clothes to wear, or what activities to do)
(過去90日間で意思決定の能力が悪化しましたか?(例:起床や食事の時間、着ている服、活動内容など))
※いずれか選択

No(いいえ)/Yes(はい)

We would like to know whether you have experienced any symptoms or been prescribed any treatments
associated with your illness(es).
(あなたの病気に関連した症状、治療薬を処方されたことがあるかどうかをお聞きします。)

Have you experienced any of the following symptoms or conditions in the last 3 days?
(ここ3日間で、以下のような症状や状態になったことがありますか?)
※該当するものすべてにチェック
・Vomiting(嘔吐)
・Swelling (i.e., fluid build-up) in his arms, legs, ankles or feet(腕、脚、足首、足のむくみ(体液がたまる))
・Shortness of breath(息切れがする)
・Unplanned weight loss(予期せぬ体重減少)
・Dehydration(脱水症状)
・Loss of appetite, or noticeably eating and drinking less(食欲不振、または明らかに飲食の量が少ない)
・None of the above(上記のいずれでもない)
Have you been prescribed or are you currently receiving any of the following treatment(s)? Check all that apply.
(以下のいずれかの治療を処方されたことがありますか、または現在受けていますか?該当するものすべてにチェックを入れてください。)
※該当するものすべてにチェック

・Oxygen therapy or a respirator(酸素療法または人工呼吸器)
・Chemotherapy(化学療法)
・Dialysis(人工透析)
・None of the above(上記のいずれでもない)
In the past 3 months, how many times were you hospitalized (i.e., admitted and stayed in a hospital overnight)?
(過去3ヶ月間で、何回くらい入院しましたか(入院して一泊しましたか)?)
※いずれか選択

0/1/2/3+
In the past 3 months, how many times did you seek care in an emergency department?
(過去3ヶ月間に、何回、救急外来で治療を受けましたか?))
※いずれか選択

0/1/2/3+

SEE FULL RESULTS
(すべての結果を見る)

支援のためのリスク評価『RESPECT』

この計算機は、「支援のためのリスク評価:地域における高齢者生活の予測ツール」(RESPECT)と名付けらています。

「支援のためのリスク評価:地域における高齢者生活の予測ツール」(RESPECT)

「RESPECTの計算機を使えば、家族やその愛する人が計画を立てることができます。例えば、成人した子供が、親のそばにいるために仕事を休む時期を決めたり、家族で過ごす最後の休暇をいつ取るかを決めたりするのに役立ちます。」と、ブリュイエール研究所とオタワ大学の研究者でありこの計算機の開発者のエイミー・スー博士は述べています。

オタワ病院のピーター・タヌセプトロ博士は、「余命を知ることは、その人がどのような治療をどこで受けるべきか、十分な情報を得た上で判断するために不可欠です。死が近づくにつれ、治癒を第一の目標とするケアから、残された人生の質を最大限に高めるケアへとバランスが変化していきます。」と述べています。

まとめ

このオンライン計算機『RESPECT』を使えば高齢者の寿命を統計的に予測できます。

個人的には家族についてそれを調べたいと思わない。でも自分がそれぐらいの年齢になった時自分で使うかもしれない。

Source:StudyFinds, DOI:10.1503/cmaj.200022

コメント

タイトルとURLをコピーしました