Uberはフランスでタクシー運転手に損害賠償を支払うよう命じられた

Uberはフランスでタクシー運転手に損害賠償を支払うよう命じられた テクノロジー
  1. フランスの裁判所は金曜日、ライドヘイリング・サービス1自動車による送迎サービスのUberに対し、無免許の競合他社によって経営が悪化したタクシー運転手に損害賠償を支払うよう命じました。

Uber Franceは、Uberに対して不正競争の民事裁判を起こした910人のタクシー運転手とその連盟に対し、18万ユーロ(21万3,000ドル)を支払う必要があると裁判所は判断しました。

この訴訟は、顧客と無免許運転手を結びつけるプラットフォームである「UberPop」の2014年と2015年の活動が中心となっています。

ライドシェアリング2相乗りとして販売されたこのビジネスは、新しいサービスが安い運賃で自分たちの生活を脅かしていると感じた従来のタクシー運転手たちの怒りを買いました。

彼らは、プロではない運転手はトレーニング費用や、パリでは10万ユーロ以上かかるタクシー免許を取得する必要がないため、タクシー料金をより安くすることができると主張しました。

Uber Franceは、すでに2015年12月に、誤解を招くような商行為を行ったとして刑事裁判所から有罪判決を受け、15万ユーロの罰金支払いを命じられており、その上で控訴していました。

今回の民事裁判の判決では、訓練を受けていないドライバーをプロとして紹介したことで、免許を持ったタクシードライバーのイメージや評判が悪くなったと判断されました。

損害賠償額は、910人の運転手一人当たり192ユーロ、パリのタクシー運転手連盟には5,000ユーロが支払われることになります。

Uberは金曜日、2015年以降、フランスでは無免許の運転手を使用しておらず、運転手は免許を持つタクシー運転手と同じ試験を受けなければならなくなったと発表しました。

タクシー連盟のChristophe Jacopin会長は、今回の判決について、「これは、他のプラットフォームが違法な輸送を提供するのを阻止する良い決定です。」と述べています。

© 2021 AFP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました