体外受精による新しい胚識別法が酪農産業を活性化させる

体外受精による新しい胚識別法が酪農産業を活性化させる 生物学

ケント大学、ノッティンガム大学、L’Alliance Boviteq Inc.の研究により、牛の体外受精(IVF)を大幅に改善する方法が確立されました。

この画期的な方法により、牛の妊娠問題が大幅に軽減され、肉やミルクの生産量が全体的に増加し、人間の体外受精のさらなる研究のためのプラットフォームとなることが期待されています。

人に次いで、牛はIVFに最も関心のある種です。食糧生産のための世界的な繁殖牛群の遺伝子を改良するために、世界中で年間約100万個のIVP胚が移植されています。

先進的なプログラムでは、耐病性、食物変換(廃棄物の削減)、肉やミルクの生産性向上などの形質を持つ胚を選択します。これには、人間の体外受精と同様のプロセスが必要です。初期に発生した胎盤から細胞を採取し、特定の遺伝形質や病気を診断します。しかし、これらの牛の胚は、高い割合で子牛に成長しません。

今回の研究では、染色体異常を持っているためにまれに子牛に育たない(確率5%以下)胚のサブセットを特定する新たな手段を開発しました。研究者たちは、1,713個の胚を慎重に分析した結果、このプロセスによって牛の妊娠率が全体で7.8%向上することを発見しました。

染色体異常は、人間では体外受精の失敗や妊娠損失、ダウン症などの原因としてよく知られていますが、牛のIVPを大幅に改善できることが示されたのは今回が初めてです。

このプロセスは、異数性のための着床前遺伝子検査(PGT-A)として知られており、人間の生殖医療において最も議論されている分野の1つです。PGT-Aには、反対派と賛成派の声があり、今回の結果は、今後の不妊治療クリニックでの治療に役立つことでしょう。

ケント大学の遺伝学教授で論文の上席執筆者であるダレン・グリフィン教授は、「この新しいPGT-A法による胚の識別は、牧畜産業にとって非常に大きな後押しとなるでしょう。また、この重要な科学のさらなる研究の基盤となり、特に不妊治療クリニックでの効果が期待されます」と述べています。

Provided by University of Kent, Journal : Cells, 2021; 10 (9): 2284 DOI: 10.3390/cells10092284 by Giuseppe Silvestri, Carla Canedo-Ribeiro, María Serrano-Albal, Remi Labrecque, Patrick Blondin, Steven G. Larmer, Gabriele Marras, Desmond A.R. Tutt, Alan H. Handyside, Marta Farré, Kevin D. Sinclair, Darren K. Griffin.

コメント

タイトルとURLをコピーしました