9.11のツインタワーからの恐怖の避難が、今日の超高層ビルの安全性にどのように役立ったか

9.11のツインタワーからの恐怖の避難が、今日の超高層ビルの安全性にどのように役立ったか テクノロジー

2001年の世界貿易センタービルの災害は、現代において最も重要な高層ビルの避難であり、ツインタワーからの脱出に成功した何千人もの生存者の悲惨な体験は、建築基準法や規格に大きな影響を与えました。9.11の悲劇の一つの遺産として、今日の超高層ビルは、緊急時にはより安全かつ容易に空にすることができます。

1966年から1973年にかけて建設された110階建てのツインタワーは、いずれもオープンプランのフロアデザインで、階段とエレベーターはビルの中心部に配置されていました。各タワーには3つの階段があり、紆余曲折を経た後、ビルの最上階から地上階の中2階までを貫いていました。階段の1段は142cmの幅がありましたが、残りの2段は112cmと、現在の超高層ビルの建築基準法では認められない幅でした。

ツインタワーでは、当時としては画期的な「スカイロビー」というシステムが採用されていたため、階によって利用できるエレベーターの数が異なりました。このシステムは緊急時に使用することを想定していなかったため、現在では一定の高さ以上のタワーには、専用の非常用エレベーターの設置や階段の増設が義務付けられています。

2001年9月11日の朝、飛行機が墜落したとき、ツインタワーの収容人数は半分以下で、各タワーには約9,000人がいました。その日に予定されていたニューヨーク市長選挙の影響もあり、そこで働く多くの人々がまだ到着していませんでした。

午前8時46分、アメリカン航空11便が北タワーの北面に激突し、91階以上の人は3つの階段がすべて通行不能になりました。その16分後には、3分の1の人が避難した南タワーにユナイテッド航空175便が衝突し、78階以上の人が利用できる階段は1つだけになってしまいました。

階の火災や損傷、階段内の瓦礫などの問題に加えて、両タワーの人々はコミュニケーションの問題にも直面しました。北側タワーでは、緊急時に居住者にアナウンスを行うためのパブリック・アドレス・システムが事故により使用できなくなりました。

南タワーでは、衝突の3分前に、住民に「その場にとどまり、詳細な情報を待つように」とのアナウンスが放送されました。その2分後には「希望者は避難してください」と言われました。これは、78階のスカイロビーに飛行機が墜落したとき、高層階の人々がより多く待機していたことを意味しているのかもしれません。

どちらのタワーでも、人々の判断材料は限られていました。衝撃の近くにいた人にとっては、事態の深刻さと避難の必要性は明らかでした。しかし、明かりが揺れるのを見ただけの遠く離れた人にとっては、、不確実性は明白でした。多くの人が避難を遅らせて、同僚と話したり、電話をかけたり、電子メールを送ったり、インターネットで最新のニュースを検索したりして、追加の情報を探しました。

状況を掌握し、他の人々に避難を促し、支援を必要とする人々を助けた人々の勇敢なリーダーシップにより、多くの命が救われました。私の博士号取得後の研究によると、これらの人々は、高級管理職、防火責任者、軍隊経験者など、主導権を握ることに慣れている人が多かったようです。

危険な出口

危険な出口

2001年9月11日の避難時に撮影された、北タワーの狭い階段の一つ。©NIST

避難者は、危険で閉所恐怖症のような状態で地上に降りなければなりませんでした。米国政府の調査によると、避難者の70%が階段で混雑に遭遇していました。避難者の中には、階段が混雑していたため、消防や建築関係者から階段を降りるように言われたため、あるいは休息のために階段を降りたという人もいました。他にも、照明の不足、進むべき方向がわからない、永久的または一時的な障害を持つ人がいるためにやむを得ず道がふさがれている、などの問題がありました。

通常、緊急時にはエレベーターを使用しないように言われていますが、南タワーを脱出した人の16%が、2つの衝撃の間の16分間にエレベーターを使用して避難しました。エレベーターが使えない仮想の9.11を想定したシミュレーションでは、居住者がエレベーターを使うことで、南タワーでは3,000人の命が救われた。

しかし、すべての人がそれほど幸運だったわけではありません。私が執筆した米国国立標準技術研究所(NIST)の調査では、タワーでの死者は2,146人から2,163人と推定されており、最初に攻撃された北タワーではより多くの人が亡くなったとされています。9.11で亡くなった人のほとんどは、飛行機が衝突した階かその上の階にいました。

衝撃を受けた階より下の階にいた人の約99%は無事に避難することができました。避難できなかった人の死因は、避難が遅れたこと、緊急対応をしていたこと、損傷や瓦礫のために特定の階から出られなかったことなどが挙げられています。もし、このビルが満員だったら、間違いなくもっとひどい結果になっていたでしょう。

より良い建物を

恐怖の避難を経験した人々の話は、高層ビルにおける重要で命を守るための変化を形成するのに役立ちました。NISTの報告書ではいくつかの提言がなされ、それらは国際建築基準法をはじめとする世界中のさまざまな建築基準や規格に反映されました。

高層ビルの非常階段の幅は137cm以上とし、階段の踏み板には停電しても見えるように光るマークを付けることが義務付けられました。

さらに、ビルの火災時にはエレベーターの使用は一般的に推奨されていませんが、国際建築基準法では、高さ128メートル以上のビルでは、新しい「居住者に安全な」エレベーターシステムまたは追加の階段を設置することが義務付けられています。これらの新しいエレベーターシステムは、火災時に安全に使用できるように設計されており、階段を使用できない人々に重要な避難経路を提供します。

9.11の悲劇的な出来事は、さまざまな形で世界を変えました。しかし、今日の超高層ビルのデザインに関しては、より良い方向に変化していることを願っています。The Conversation

Erica Kuligowski, Vice-Chancellor’s Senior Research Fellow, RMIT University
This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

コメント

タイトルとURLをコピーしました