ケトーシスってどんな状態?

ケトーシスってどんな状態? 健康

ケトーシスとは?

ケトーシスとは、体内でエネルギー源となる炭水化物が不足したときに起こるプロセスです。ケトーシスとは、エネルギー源となる炭水化物が不足すると、代わりに脂肪を燃やしてケトン体と呼ばれる物質を作り、これを燃料として使うことができる状態のことです。

ケトーシスは、糖尿病や減量に関する情報を探しているときによく目にする言葉です。それは良いことなのか、悪いことなのか?それは人それぞれです。

ケトーシスとケトジェニックダイエット

ケトーシスは、低炭水化物の減量プログラムとして人気があります。ケトーシスは脂肪の燃焼を助けるだけでなく、空腹感を感じにくくします。また、筋肉を維持するのにも役立ちます。

糖尿病でもなく、妊娠もしていない健康な人の場合、通常、1日の炭水化物の摂取量が50g以下の状態が3〜4日続くと、ケトーシスが始まります。これは、食パン3枚、低脂肪フルーツヨーグルト1カップ、バナナ小2本程度の量です。断食でもケトーシスを始めることができます。

脂肪とタンパク質が多く、炭水化物が非常に少ない食事は、ケトジェニックダイエットまたは「ケト」ダイエットと呼ばれています。

ケトーシスの健康効果

ケトーシスには、体重減少以外の効果もあります。医師は、てんかんの子供にケトーシスダイエットを行うことがあります。成人のてんかん患者は、アトキンズダイエットを改良して食べることがあります。

ケトジェニックダイエットは、心臓病のリスクを下げる可能性を示唆する研究もあります。他の研究では、炭水化物を非常に少なくした特定の食事が、以下のような病気にかかっている人に効果があることを示しています。

メタボリックシンドローム
インスリン抵抗性
2型糖尿病

また、これらの食事が以下のような症状に及ぼす影響についても研究されています。

ニキビ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
アルツハイマー病、パーキンソン病、ルー・ゲーリッグ病などの神経系疾患

ケトーシスの症状と副作用

ケトダイエットを始めた最初の1週間は、気分が悪くなることがあります。これを「ケト・インフルエンザ」と呼ぶ人もいますが、正式な病名ではありません。医師の中には、糖分や炭水化物の禁断症状が原因だと考える人もいます。また、腸内細菌の変化や免疫系の反応が原因である可能性もあります。以下のような一時的な副作用に気づくかもしれません。

頭痛
疲労感
脳の霧
イライラ
便秘
睡眠障害
吐き気
胃の痛み
めまい
砂糖が欲しくなる
痙攣
筋肉の痛み
口臭(ケトーシス・ブレスとも呼ばれる)

水をたくさん飲むことで、これらの症状を和らげたり予防したりすることができます。

ジェニックダイエットをしているてんかん患者の約20人に1人が腎臓結石になると言われています。クエン酸カリウムというサプリメントは、その予防に役立ちます。子供がジェニックダイエットをしている場合は、腎臓結石のリスクについて医師に相談してください。

新米ママが十分なカロリーや水分を摂取できないと、母乳の出に影響する可能性があります。医師は一般的に、ケトダイエットを始めるなら、授乳が終わるまで待つように勧めています。

ケトーシス薬とドリンク

市販のサプリメントの中には、ケトン体レベルを上げると謳っているものがあります。錠剤、粉末、オイルなどの形態があります。効果があるのか、安全なのかについてはあまり研究されていません。サプリメントを飲み始める前に、医師に相談しましょう。

ケトーシス vs. ケトアシドーシス

健康でバランスのとれた食事をしていれば、体は脂肪の燃焼量をコントロールしているので、通常はケトン体を作ったり使ったりすることはありません。しかし、カロリーや炭水化物を大幅に削減すると、体はエネルギー源としてケトーシスに移行します。長時間の運動をした後や妊娠中にも起こる可能性があります。

糖尿病のコントロールができていない場合、ケトン体が蓄積すると危険な状態になります。高濃度になると脱水症状を引き起こし、血液の化学的バランスが変化します。酸性になり、昏睡や死を招くこともあります。

糖尿病の人は、十分なインスリンを摂取していないと、ケトアシドーシス、つまり糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)になる可能性があります。また、病気やけがをしたときや、水分が不足して脱水症状になったときにもDKAになることがあります。

糖尿病でなくても、ケトアシドーシスになる人はいます。ケトアシドーシスは、アルコール依存症、飢餓、甲状腺機能亢進などが原因で起こります。健康的な低炭水化物食であれば、問題はありません。

以下のような症状がある場合は、医師に連絡してください。

喉の渇きや口の渇き
おしっこの量が多い
疲れを感じる
皮膚が乾燥したり、赤くなったりする
胃の不調
吐く
呼吸困難
混乱
果物のような臭いのする息
お腹の痛み

糖尿病を患っている場合、吐くことは特に危険です。通常、DKAはゆっくりと始まりますが、吐くことで進行が早まり、わずか数時間で発症してしまうことがあります。2時間以上吐いている場合は、医師に連絡しましょう。

ケトン体の検査

体内でどの程度ケトーシスが進行しているかは、血液や尿中のケトン体を調べることでわかります。テストストリップを購入して、自宅で尿をチェックすることができます。血糖値測定器の中には、血液中のケトン体を測定できるものもあります。

ケトン体の検査方法やタイミングがわからない場合は、医師や糖尿病指導者に相談しましょう。ケトン体の濃度が高いと危険です。

ケトジェニックダイエットの基礎知識 - 初心者向けガイド
ケトジェニックダイエット(略してケトダイエット)は、低炭水化物、高脂肪の食事で、多くの健康上のメリットがあります。 実際、多くの研究が、この種の食事が体重...

© 2020 WebMD, LLC. All rights reserved.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました