西オーストラリア州産のスーパーフード「ルパン豆」を主流にするために

西オーストラリア州産のスーパーフード「ルパン豆」を主流にするために化学

ECU(エディスコーワン大学)の新しい研究により、ルパン豆は持続可能な植物由来のグルテンフリーのタンパク源として主流になりつつあります。

ルパン豆は、心臓病、糖尿病、肥満に対抗する次のスーパーフードとして長い間注目されてきましたが、ECUの新しい研究は、それを現実のものとするための重要な一歩を踏み出しました。

ルパン豆が次のケールやアサイーになるためには、いくつかの大きなハードルがありますが、それらはすべてタンパク質に起因しています。

これらのタンパク質は、ルパン豆の味や栄養特性、生産量と収益性の両面に影響します。

また、ルパン豆は食用としては知られておらず、オーストラリアの一年草の大部分は家畜の飼料として使用されています。

ルパン豆は、オーストラリアでアレルゲン表示が義務付けられている10種類の食品のうちの1つです。現在、ECUとオーストラリアの国立科学機関であるCSIRO1オーストラリア連邦科学産業研究機構の研究者らは、食品表示規制を遵守しながら付加価値の高い高タンパク質原料を提供するために、食品生産者を支援する方法を開発しています。

食品として理想的な特性を持つルパン豆の品種を選択する方法を開発することで、ルパン豆は飼料からスーパーフードへと変貌を遂げることになります。

また、この研究は、低アレルゲン(低アレルギー性)のルパン豆の品種を特定することで、ルパン豆の育種戦略にも貢献することを目指しています。

テストを次のレベルへ

ルパン豆

ルパン豆はスーパーフードとして注目されています。©Edith Cowan University

ECUの博士号取得者であるArineh Tahmasian氏は、ルパン豆に含まれる2,500種類以上のタンパク質を同定2自然科学で、分類上の所属を決定すること。するための新しい検査方法の開発を主導しました。

「これまでのルパン豆のプロテオミクス研究3プロテオミクスは、特に構造と機能を対象としたタンパク質の大規模な研究のことである。では、最も豊富な種子タンパク質のみを対象としていましたが、私たちはルパン豆の種子から何千ものタンパク質を同定し、定量4普通には質的と見られている事柄を、その特性に即した数量として表す(表せるようにする)こと。することができました。

「これらのタンパク質を調べることで、ルパン豆の種子の栄養特性、味覚、アレルゲン性に影響を与えるプロセスについての知見を得ることができます。また、環境耐性、耐病性、収穫量の増加など、重要な農業形質に関与する主要なタンパク質を発見することもできます。」

この研究により、チームはさまざまなルパン豆の品種における重要な特性を特定し、育種家が新しい市場に適した品種を選択・開発することができるようになります。

オーストラリア人の約3分の1が、肉などの伝統的なタンパク源に加えて、植物性でグルテンを含まないタンパク源として豆類を食生活に取り入れています。

Tahmasian氏によると、ルパン豆の種子は非常に栄養価が高いのですが、人間が食べることができるのは年間収穫量の約4%に過ぎません。

「ルパン豆の種は非常に栄養価が高く、タンパク質や食物繊維が豊富で、炭水化物や脂肪が少ないのが特徴です。一般的には、グルテンフリーの製品に使用されており、植物性の肉製品のタンパク質増強剤としても使用されるようになっています。また、ルパン豆には、肥満、心臓病、2型糖尿病のリスクを軽減する効果があるという研究結果もあります。」と彼女は言います。

追い詰められた市場

オーストラリアは世界のルパン豆生産量の約55%を占めており、主に西オーストラリアで栽培されています。

2020年から2021年にかけて、西オーストラリア州では約55万トンのルパン豆が栽培されましたが、食用に供されたのは1万トン以下でした。

ルパン豆は主に、牛、豚、家禽、水産養殖産業の家畜飼料や、小麦農場の輪作に使用されています。

CSIROと共同で行っているECUの研究は、「Future Protein Mission」を通じて、補完的なタンパク源の採用を増やすことを目指しています。

このミッションは、高品質なタンパク質に対する世界的な需要の高まりを活用することで、オーストラリアの生産者、栽培者、加工者がさらに100億ドルの収益を得られるよう支援することを目指しています。

Evaluation of protein extraction methods for in-depth proteome analysis of narrow-leafed lupin (Lupinus angustifolius) seeds」は、Food Chemistry誌に掲載されました。

Published by Edith Cowan University. Arineh Tahmasian et al, Evaluation of protein extraction methods for in-depth proteome analysis of narrow-leafed lupin (Lupinus angustifolius) seeds, Food Chemistry (2021). DOI: 10.1016/j.foodchem.2021.130722
タイトルとURLをコピーしました