持続可能な農業のための世界初の定量的評価

生物学

フレームワーク1開発・運用・意思決定を行う際に、その基礎となる規則・構造・アイデア・思想などの集合のこと。日本語では「枠組み」などと訳されることが多い。は、各国が進捗状況や落とし穴を評価するのに役立ちます

科学者たちは、世界各国の農業の持続可能性について、環境への影響だけでなく、経済や社会への影響も含めた定量的な評価を初めてまとめました。

持続可能な農業マトリックス(SAM)は、国レベルでの農業の持続可能性に関する独立した透明性のある測定値を提供するもので、政府や組織が進捗状況を評価し、説明責任を果たし、改善のための優先事項を特定し、世界各地の持続可能な農業に向けた国の政策や行動に役立てることができます。

プロジェクトリーダーであるメリーランド大学環境科学センターのXin Zhang氏は、「この『持続可能な農業マトリックス』は、持続可能な農業に向けた各国の取り組みに対する説明責任を果たすための取り組みです。このマトリックスが、関係者をまとめるためのツールとなることを期待しています。農業生産は農家だけのものではありません。すべての人に関わることなのです。」と言います。

農業は持続可能性の基本です。しかし、「持続可能な農業 」の定義や、それを測定する能力を定量化することは困難でした。

「持続可能な農業マトリクス」を作成するプロジェクトは、2017年に、オックスファム2オックスファム・インターナショナルは20の組織から編成される、貧困と不正を根絶するための持続的な支援・活動を90カ国以上で展開している団体である。、国際応用システム分析研究所、国際食糧政策研究所、国連食糧農業機関をはじめ、ロンドン大学、クイーンズランド大学、カリフォルニア大学バークレー校、メリーランド大学環境科学センターなど、世界中から約30人の関係者や専門家が集まり、環境、経済、社会の持続可能性の多様な側面を軸に、国家規模での農業生産の影響を評価することから始まりました。

持続可能な農業マトリックス(SAM)

「持続可能な農業マトリックス」は、持続可能な農業が環境、経済、社会に与える影響を国レベルで測定し、世界の持続可能な農業に向けた国の政策や行動に役立てるためのものです。©University of Maryland Center for Environmental Science

「持続可能な農業は非常に複雑な概念で、人によって意味が異なるため、評価が難しいのです。持続可能な農業への取り組みに説明責任を持たせるためには、各国の持続可能性を独立して透明に測定することが不可欠です。」とZhang氏は言います。

「持続可能性の評価は、特にすべての国で社会的データが乏しいことを考えると、容易ではありません。このマトリクスによって、農業の持続可能性の重要な側面である社会的公平性に農業がどのように影響し、貢献しているかを評価するために、社会的データへの投資を拡大することの価値を示すことができると期待しています。」と、共著者であるオックスファム・アメリカのKimberly Pfeifer氏は述べています。

世界的に見て、農業は、食料、資材、エネルギーに対する人口の増加に対応するため、生産性を向上させるという課題に直面しています。

各国は、生産性だけでなく、栄養的にも十分で、生態系の健全性や生物多様性と両立し、回復力のある持続可能な農業を発展させることを課題としています。

その結果、持続可能な農業は、2015年に国連の全加盟国が批准した「持続可能な開発目標」の一部として盛り込まれました。

このマトリックスの初版は、農業が他のセクターと深く関連していることを認識した上で、農業生産が環境や経済に与える直接的な影響と、社会全体に与える広範な影響を測定する18の指標で構成されています。

初版では、経済的パフォーマンスの向上と環境的パフォーマンスの低下など、パフォーマンス指標間のトレードオフを明らかにすることに重点を置いています。

また、農業補助金の増加が必ずしも人間の栄養状態の改善につながらないなど、トレードオフの一般的でない例も挙げられています。

共同執筆者であるメリーランド大学環境科学センターのEric Davidson氏は、「世界各国の農業の影響を3つの側面から包括的に捉えた取り組みはありませんでした。このマトリックスの基本的なコンセプトは、農業システムが持続可能性に複数の影響を与えている可能性があるという認識です。」と語ります。

例えば、農業生産は、農業コミュニティや国の経済発展に活発な経済的利益をもたらす一方で、水の使用、栄養塩の汚染、生物多様性の損失などの点で環境にストレスを与える可能性があります。

また、国の農業部門が国民に健康的で十分な食事を提供するかどうかは、社会的平等に影響を与える可能性があります。

共同執筆者である国連食糧農業機関のAmy Heyman氏は、「国の農業の持続可能性に関する包括的な評価は、複数の持続可能性目標の間の潜在的なトレードオフ3何かを得ると、別の何かを失う、相容れない関係のこと。や相乗効果を明らかにする絶好の機会であり、地域や政策の優先順位を考慮した十分な情報に基づく選択を可能にするものです。」

共同執筆者であるメリーランド大学環境科学センターのGuolin Yao氏は、「ほとんどの国では、農業の持続可能性における環境的側面と経済的側面との間に強いトレードオフがあることが示されていますが、米国のように、農業生産性の向上と環境負荷の低減との間の相乗効果を達成する有望な兆候を示している国もあります。」と述べています。

「私は、農業経営の考え方を広めたいと思っています。農場で起きていることだけではなく、市場で起きていること、政策論争で起きていること、そして私たちのお皿の上で起きていることが重要なのです。日々の消費者の選択は、何が生産されているのか、どこでどのように生産されているのかに根本的な影響を与えます。」とZhang氏は言います。

共著者であるデラウェア大学のKyle Davis氏は、「緑の革命は、過去数十年の間に急増した人口を養うことを可能にしましたが、その代償として環境に大きな影響を与え、人間の栄養状態や全体的な幸福度を無視することになりました。私たちのSAM法は、緑の革命の欠点を克服し、世界の農業の過去の成功例を築くための有望なステップです。」と述べています。

次のステップとして、ベルモントフォーラムが資金提供しているSAMコンソーシアムは、米国、オーストリア、ブラジル、トルコ、南アフリカ、サブサハラ・アフリカの6つのパイロット国・地域で立ち上げを行っています。

SAMコンソーシアムは、SAM指標の第1版を出発点として、ステークホルダー間の対話と調整を行い、持続可能な農業に向けた戦略を特定するための国別ケースを共同開発します。

SAMコンソーシアムのパートナーである南アフリカのクワズールー・ナタール大学のTafadzwa Mabhaudhi氏は、「評価を受けることは、特にアフリカの限界生産地域において、農業の持続可能性に向けた重要な第一歩です。このデータは、進捗状況を評価するだけでなく、改善のための優先事項を特定し、持続可能な農業に向けた国の政策や行動に情報を提供するための有用な出発点となります。」と述べています。

Published by University of Maryland Center for Environmental Science. Xin Zhang et al, Quantitative assessment of agricultural sustainability reveals divergent priorities among nations, One Earth (2021). DOI: 10.1016/j.oneear.2021.08.015
タイトルとURLをコピーしました