若いキリンの分散行動の決定

若いキリンの分散行動の決定生物学

分散とは、性的に成熟した動物が家族から離れて移動するプロセスであり、遺伝的多様性を維持するために重要であり、自然の個体群を長期的に維持する鍵です。

多くの動物にとって、分散とは未知の世界への危険な旅であり、新しいコミュニティに定住して繁殖することを目的としています。

しかし、人間を含む多くの動物社会では、空間的に重なり合う社会共同体が形成されています。

これは、成熟した個体が、物理的に大きな移動をすることなく社会的に分散する機会を提供する可能性があります。

今回、ワイルドネイチャー研究所の研究者らがJournal of Animal Ecology誌に発表した研究結果によると、分散行動をとる若いキリンは、このような戦略をとっていることがわかりました。

家族から離れて移動することを「幼期分散」といいます。

分散は生物学的に基本的なプロセスであり、親族との交配の機会を減らし、健康な子孫を残すことができることがわかっています。

しかし、分散は何よりもまず社会的なプロセスです。

しかし、多くの動物では、家族が物理的な領域を守ることで他の家族を排除し、若い世代がその領域を離れて自分の家族を築かなければならないため、分散は主に空間的なプロセスとして研究されてきました。

チューリッヒ大学博士研究員でWNI主任研究員のMonica Bond博士を中心とする研究チームは、空間的に重なり合う社会的コミュニティからなる構造的な社会に住む動物が、コミュニティを切り替えるだけで分散できるかどうかを検証しました。

そうすれば、未知の世界を移動するリスクを回避することができます。

研究チームは、タンザニア北部に生息する数百頭のキリンの大集団を調査しました。

研究チームは、2200km四方の広大な地域で収集した集団構成のデータを用いて、ほとんどのオスのキリンが繁殖期に入ると家を離れ、そのうちのかなりの割合のキリンが、新しい社会的共同体に乗り換えるだけで分散を達成し、家から遠く離れた場所に移動するリスクを回避していることを発見しました。

一方、若いメスのキリンの多くは、生まれたときと同じコミュニティにとどまっていました。

幼期分散の性差は動物ではよく知られていますが、本研究では、構造化された社会で生活することで、成熟した個体が新たな地域に移動することなく新しい社会的コミュニティを見つけることができるというユニークな機会を提供することを初めて示しました。

キリンの複雑な社会

キリンの複雑な社会

ニュージーランド国立大学とペンシルバニア州立大学の研究チームは、キリンの成体のメスが、それぞれ異なる社会的コミュニティを形成していることを明らかにしました。

キリンの成体のメスは、約60~90頭からなる社会集団を形成していますが、この社会集団の構成員は、1日のうちに合流したり分裂したりしながらも、長期間にわたって非常に安定しています。

研究チームは、この社会的動態が2つの大きな結果をもたらすことを発見しました。

1つ目は、メスがコミュニティ内の他のメスと永続的な社会的絆を保ち、その絆は生涯にわたって続く可能性が高いこと。

もう1つは、このコミュニティは社会的に完全に構造化されており、異なるコミュニティが同じ物理的空間を使用していることです。

そのため、異なるコミュニティの個体同士が出会うことはあっても、グループを形成することはほとんどありません。

「このことから、成熟した若いキリンは、未知の危険な場所に長い距離を移動しなくても、自分が生まれたコミュニティとは異なる近隣のメスのコミュニティのメンバーと関係を築き、誤って親戚と交尾してしまうことを避けることができるのではないかと考えました。」と、共著者でUZH(チューリッヒ大学)のEccellenza1エッチェッレンツァ。イタリア語で卓越性。優秀。教授であるDamien Farine博士は述べています。

その結果、他の多くの哺乳類と同様に、分散は主にオスによって行われ、分散者は約4歳で離脱することがわかりました。

研究の上席著者であるUZHのBarbara König教授は、「そこで重要なのは、若いオスが、血縁関係のない相手を探したり、親戚との争いを避けたりできるような新しいコミュニティを見つけるために、どのような戦略を用いたかということでした。」と述べています。

メスは同じ社会的ネットワークにとどまり、オスは移動する

メスは同じ社会的ネットワークにとどまり、オスは移動する

研究チームは、ソーシャルネットワーク分析を用いて、成体のメスの社会的コミュニティを定量化した後、7年間にわたり、67頭のオスと70頭のメスの子牛が成熟するにつれて、どのコミュニティに所属するかを観察しました。

その結果、若いオスの分散者の5匹に4匹が生まれたコミュニティとは異なる社会コミュニティに移る一方で、オスの分散者の約4匹に1匹は生まれた場所に比較的近い場所に留まりながらコミュニティを移すことがわかりました。

つまり、彼らは遠くに移動することなく分散することができたのです。

「このように、オスは生まれた場所の近くにとどまりながら、異なるメスのコミュニティに参加するという社会的分散は、空間的な移動だけを測定していたのでは検出されませんでした。」とBond氏は言います。

家から離れることなく社会的に分散できるのは、キリンだけではないかもしれません。

イルカ、ゾウ、コウモリなど、他の多くの種でも、より大きく安定した社会的コミュニティの中で、グループの合流と分裂、いわゆる『離合集散』が起こることが報告されています。

Bond氏は、「同じ物理的空間内で社会的に分散することが、多くの社会的共同体が重なり合う社会に住む種に共通する戦略であるかどうかを調べるのは興味深いことです。健全な個体群を維持することの重要性を考えると、幼期分散のプロセスを理解すればするほど、野生動物の保護に役立ちます。」と言います。

キリンの専門家であるFred Bercovitch博士は、今回の研究には参加していませんが、「今回の研究は、キリンの遺伝的多様性を維持するためには、繁殖の機会が限られている新しい地域に一握りのキリンを移動させるのではなく、動物が異なるコミュニティに分散できるような大規模な生態系を保存する必要があることを示しており、キリンの保護に極めて重要な意味を持っています。」と述べています。

Published by Wild Nature Institute. M. L. Bond, D. E. Lee, A. Ozgul, D. R. Farine, and B. König. Leaving by staying: Social dispersal in giraffes. 20 September 2021. Journal of Animal EcologyDOI: 10.1111/1365-2656.13582

 

タイトルとURLをコピーしました