パンプキンスパイスの魅力を科学的に解き明かす

パンプキンスパイスの魅力を科学的に解き明かす健康

秋の到来はまだ数日先ですが、コーヒーショップや食料品店ではすでに秋のピークを迎えています。

なぜなら、あるフレーバーの登場が、この季節の非公式な始まりを告げるものだからです。

誰もが知っている、パンプキンスパイスの季節です。

でも、なぜ?

ジョンズ・ホプキンス大学の研究者によると、パンプキンスパイスが愛される理由は、その香りにあるそうです。

シナモン、ナツメグ、ショウガなどの香りは、秋の心地よい記憶を呼び起こします。

心理学・脳科学の Jason Fischer教授は、「パンプキンスパイスの香りは、秋になるとお店やカフェに登場し、紅葉や家族の集まり、学校帰りの賑わいと重なります。この香りは、私たちの記憶の中で季節と結びついているため、秋の爽やかな気持ちを強力に呼び起こすことができるのです。私たちは、暑い夏の終わりに秋の到来を待ち望むことがよくありますが、嗅覚は一足早く季節を呼び覚ますことができるのです。」と語ります。

人間の嗅覚を研究しているジョンズ・ホプキンス大学の博士課程に在籍するSarah Cormiea氏は、匂いは他のどの感覚よりも強力に記憶を呼び起こすことができると言います。

例えば、パンプキンスパイスなど、匂いに関連する言葉を読むだけで、嗅覚刺激を処理する脳の領域である梨状皮質の活動が活発になるという証拠を示しています。

単に匂いを期待しているだけでも、この神経領域は活性化します。

この脳領域が記憶をつかさどる領域に近いことを考えると、パンプキンスパイスラテの話を聞いただけで、暖かい気持ちになるのも不思議ではありません。

しかし、このような刺激的な感覚を持っているにもかかわらず、人は出会った匂いを識別するのに非常に苦労しており、特に他の感覚的な入力がない場合には困難を極めます。

例えば、一般的なカップに入ったパンプキンスパイスドリンクを手渡されたら、どこかで嗅いだことのある香りだと思うかもしれませんが、それが何なのかはよくわかりません。

しかし、それが何であるかがわかれば、味や香りをよりはっきりと感じることができるとCormiea氏は言います。

「パンプキンスパイスと言われれば、よりパンプキンスパイシーに感じられるでしょう。言葉のラベルは、私たちに匂いの再認識を促し、匂いに対する考え方や経験を変えるのです。」とCormiea氏は言います。

嗅覚がないと、食べ物の味の特徴の多くが失われてしまうと研究者は付け加えています。

鼻をつまんだままパンプキンスパイスラテを飲んだとしたら、その味は一般的な温かくて甘いものかもしれません。

しかし、鼻を離すと、シナモンやナツメグなどの重要な成分の味がするのです。

鼻によって引き起こされる感覚は非常に強力であるため、多くの人がパンプキンスパイスのアキレス腱と見なしているものを覆すことができます。

それはカボチャが入ってないことです。

「カボチャは成分表に載っていないかもしれませんが、私たちはそれを鮮明に体験することができるのです。私たちの心は、香りの記憶から連想して、足りない部分を補うのが得意なのです。」とFischer氏は言います。

Published by Johns Hopkins University.

タイトルとURLをコピーしました