氷河の生態系サービスを定量化することで、人類にとっての氷河の重要性が浮き彫りになる

氷河の生態系サービスを定量化することで、人類にとっての氷河の重要性が浮き彫りになる地球

世界中の氷河が消滅する中、ある科学者グループは、氷河が消滅する前に人間に与える影響を理解しようとしています。

2021年8月にEcosystem Services誌に掲載された論文の著者らは、生態系サービスの枠組みを氷河に適用することで、氷河が人間にとって重要な役割を果たしていることを訴えたいと考えています。

生態系サービスとは、人間が自然から恩恵を受けているさまざまな方法を検証するフレームワークです。

このようなサービスは、森林や草原など地球上の多くの生態系で明確に定義されていますが、これまで氷河にこのフレームワークを適用した包括的な評価は完了していませんでした。

「私たちが氷河に注目したのは、私たちがさまざまな形で氷河から恩恵を受けていることを認識しているからです。」とアイスランド大学の環境・天然資源プログラムの博士研究員である筆頭著者のDavid Cook氏は述べています。

「生態系サービスの視点は、その点で非常に有用です。」

Cook氏のチームが行った文献調査では、氷河が人間に恩恵を与えている多くの方法が強調されていますが、中にはすぐにはわからないものもあります。

「生態系サービスに関する文献の多くは、より直接的で明白な利益をもたらす生態系に焦点を当てています。例えば、森林や沿岸の生態系などです。そのような生態系から得られる恩恵は、人間にとってより身近なものだと思います。」とCook氏は言います。

アイスランドのスカフタフェルズ氷河

アイスランドのスカフタフェルズ氷河は、過去20年間で大きく後退した。©Creative Commons/Dominico Covertini

今回の論文では、飲料用の淡水、水力発電を支える氷河流出、炭素隔離、水温調節、水質浄化など、さまざまな恩恵が紹介されています。

気候変動が氷河の生態系に影響を与えれば、人類は氷河の有用な側面を一時的にではありますが享受することになるかもしれません。

「2050年か2060年までは(雪解け水を利用した)水力発電の生産量が増加すると予想されますが、それ以降は氷河が後退し続け、雪解け水の割合が今後数十年でそれほど高くなくなると、問題が大きくなってきます。」とCook氏は言います。

Cook氏は、氷河が提供する資源から利益を得るためには、社会が積極的に氷河の生産性を高める努力をしなければならないと指摘します。

「多くの人は、生態系サービスとは、自然からの無料の贈り物であり、人間がそれを享受するものだと考えていますが、実際はそうではありません。ほとんどの生態系サービスには、人的資本、建造物資本、金融資本など、すべての資本を動員する必要があります。」

氷河の恩恵は、物理的、生物的なものだけではありません。

この研究では、氷河が人間にとって文化的に重要であることも述べています。

氷河を利用したレクリエーションや観光、氷河を利用した気候や環境に関する教育、さらには世界中の氷河が持つ精神的・象徴的な意義などに焦点を当てています。

氷河が提供するサービスに加えて、気候変動の時代には、氷河のある地域に付随する一連のリスク、つまりサービスの低下があります。

特に、氷河湖の余剰融水によって氷河湖がダムを決壊させる「氷河湖決壊洪水」が、氷河地域のコミュニティの近くで発生するリスクに注目しています。

ヨックルサーロン氷河

アイスランド南東部にあるヨックルサーロン氷河湖。©Creative Commons/On.My.BigfOot

Cook氏は、氷河の生態系サービスに関するチームのレビューが、温暖化する未来に向けた意思決定や計画に役立つことを期待しています。

「この論文では、災害への備えを強化する必要性が述べられていますが、研究機関が氷河の融解や氷河の後退といった気候変動に関連するリスクを正確に特定し、定量化する際にも役立つでしょう。これは、官民双方の関与が必要であることを意味しています。」とCook氏は言います。

地球上の氷河の状況に注目しているのは、Cook氏のチームだけではありません。

最近発表されたIPCCの報告書「第6次評価報告書第1作業部会」では、気候変動が氷河にもたらす悲惨な状況が詳しく述べられています。

アイスランドでの9年間の滞在で、Cook氏は気候変動の影響で氷河が急速に後退するのを目の当たりにしてきました。

彼は、氷河湖が成長し、駐車場から氷河のハイキングコースまでの道のりがどんどん長くなるのを見てきました。

Cook氏がアイスランドで観察している傾向は、地球上のほぼすべての氷河が後退していることから、地球全体で起こっています。

「数十年後には、アイスランドは氷の国ではなくなっているでしょう。」と彼は言います。

Published by Earth Institute at Columbia University. David Cook et al, Co-production processes underpinning the ecosystem services of glaciers and adaptive management in the era of climate change, Ecosystem Services (2021). DOI: 10.1016/j.ecoser.2021.101342
タイトルとURLをコピーしました