サメからの攻撃の可能性を3分の2に低減する抑止装置

サメからの攻撃の可能性を3分の2に低減する抑止装置生物学

サーフボードに取り付けられたサメ抑止装置は、西オーストラリア沖で行われたテストで、噛まれる可能性を66%減少させることがわかりました。

また、オーストラリアで開発された「Rpela V2」は、サメとのやりとり(ナッジ)を38%減少させ、サーファーが捕食者と遭遇した後に海から上がるまでの時間を延長できる可能性があることを科学者が発見しました。

この充電式デバイスは500ドルで、サーフボードのボトムデッキに装着します。

サーファーの周りに電界を発生させ、サメが周囲の状況を把握するために使用するロレンチーニ器官1電気受容器官を圧倒します。

サメにとっての朗報は、電気パルスがサメに害を与えないことであり、研究者はこれを人間が不快な大音量の音楽から遠ざかることに例えています。

RPELA: shark deterrent.

この実験は、ホオジロザメのホットスポット2その場所だけ周囲に比べ特異的に何かが高まっている地点のこと。であるエスペランスの南東に位置するソールズベリー島で行われました。

この実験は、世界的なエンジニアリング企業であるCardno社が主導し、ボンド大学のサメ専門家であるDaryl McPhee博士と、大型のホオジロザメとのフリーダイビングで有名で、映画をはじめとするサメ関連の保護活動を幅広く行っているOcean Ramsey氏が参加して行われました。

McPhee氏によると、サメに噛まれるのは他の水辺の利用者ではなくサーファーが増えており、ボードライダー専用の個人的な緩和策の重要性が高まっているとのことです。

サメに噛まれる危険性は依然として低いものの、最近、ニューサウスウェールズ州のコフスハーバー近くでサーファーがサメに襲われて死亡したことは、何が起こるかわからないという悲しい事実を示しています。

McPhee氏は、消費者がその効果を判断できるよう、すべてのサメ抑制剤をテストすることが重要だと述べています。

「サメ抑制剤には様々な種類がありますが、人気の高いものも含め、そのほとんどは効果がなかったり、独自のテストが行われていません。」とMcPhee氏は言います。

「これでは、サーファーは、効果がないのに保護されていると勘違いして、自分を危険にさらすことになりかねません。」

マクフィー博士によると、全体的に見て、電気式の抑止装置が最も効果的だそうです。

他にも磁気、音響、スプレーなどがあります。

「オーシャンガーディアン社が開発した電気式抑止装置は、今回評価したRpela V2と同様に何度もテストされ、その効果が確認されています。」とMcPhee氏は言います。

「サメ抑止装置は100%効果があるわけではありませんが、独立した試験でサメとの接触が統計的に有意に減少したことが証明されれば、消費者は安全性が高まったと確信することができます。」

なお、今回のテストを実施した科学者は、Rpela V2のメーカーとは金銭的な関係はありません。

Published by Bond University. Craig Blount et al, Effectiveness Against White Sharks of the Rpela Personal Shark Deterrent Device Designed for Surfers, Journal of Marine Science and Technology (2021). DOI: 10.51400/2709-6998.1594
タイトルとURLをコピーしました