インターミッテントファスティング(断続的な断食)はメタボリックシンドロームの管理に役立つ

インターミッテントファスティング(断続的な断食)はメタボリックシンドロームの管理に役立つ健康

この人気の高いダイエット方法は、糖尿病や心臓病のリスクを低減する可能性があります。

内分泌学会誌「Endocrine Reviews」に掲載された新しい原稿によると、1日のカロリーを8〜10時間の一貫した枠内で食べることは、糖尿病や心臓病などの慢性疾患を予防・管理するための強力な戦略であることがわかりました。

時間制限のある食事とは、断続的な断食の一種で、食事の摂取を毎日一定の時間に制限するものです。

インターミッテントファスティング(断続的な断食)は、最も人気のあるダイエット方法の一つで、人々は減量、健康増進、ライフスタイルの簡素化のためにこの方法を利用しています。

「体重を減らし、より健康的なライフスタイルを送ろうとしている人は、何を食べるかだけでなく、いつ食べるかにも気を配るべきです。時間制限のある食事は、カロリー計算よりも簡単で効果的な食事法です。」と、カリフォルニア州ラホーヤにあるソーク生物学研究所のSatchidananda Panda博士は述べています。

「断続的な断食は、肥満、糖尿病、心臓病のリスクを軽減するだけでなく、睡眠や生活の質を向上させることができます。」

この原稿では、時間制限のある食事の科学、最近の臨床研究、そしてその健康効果をより深く理解するための今後の研究の余地を探っています。

最近の研究では、遺伝子、ホルモン、代謝が1日24時間の異なる時間帯に上下することが明らかになっています。

毎日の習慣である食事の時間を体内時計に合わせることで、健康を最適化し、糖尿病、心臓病、肝臓病などの慢性疾患のリスクや疾病負担を軽減することができます。

Panda氏は、「ランダムな時間に食事をすると、体内プログラムの同期が崩れ、病気になりやすくなります。”断続的な断食は、誰もが取り入れられるライフスタイルです。健康格差を解消し、誰もが健康で充実した生活を送ることができます。」

インターミッテント・ファスティング(断続的断食)の基礎知識 - 初心者向けガイド
インターミッテント・ファスティング(断続的断食)は、現在、世界で最も人気のあるダイエットのひとつです。 断続的断食は、体重を減らし、健康を増進させ、ライフ...
Published by The Endocrine Society. Emily Manoogian et al, Time-restricted eating for the prevention and management of metabolic diseases, Endocrine Reviews (2021). doi.org/10.1210/endrev/bnab027
タイトルとURLをコピーしました