空飛ぶ自動車はもうすぐ離陸できるかもしれない

空飛ぶ自動車はもうすぐ離陸できるかもしれないテクノロジー
UNSWの航空宇宙設計の専門家は、今後10年間で空飛ぶ自動車が一般の人々の移動手段として利用できるようになる可能性があると述べています。

鳥だ!飛行機だ!いや、空飛ぶ車だ!

空中に浮かぶ自動車というアイデアは、かつては突飛なものと思われていたかもしれませんが、今日では決してそうではありません。

世界中の企業が空飛ぶ自動車の開発に取り組んでおり、通勤やレジャーのために長距離を飛行する日が来るかもしれません。

UNSW(ニュー・サウス・ウェールズ大学)の航空宇宙設計の専門家である機械・製造工学部のSonya Brown博士は、これらの自動車の目的は、道路の混雑を緩和するために、都市部での空の移動手段を提供することだと言います。

「長期的には、空飛ぶ自動車は、短時間で個人的に移動するための新たな手段となるでしょう。世界中で、そしてここオーストラリアでも、空飛ぶ車に投資する企業が増えてきており、空飛ぶ車のバリエーションが増えてきています。この技術を早くから採用しているのは、ライドシェア会社や救急隊などで、従来の航空機やヘリコプターよりも汎用性の高い車両が設計されています。」

空飛ぶ車とは、どのようなものですか?

空飛ぶ自動車は、ドローンと小型航空機を掛け合わせたような形をしており、ほとんどが翼を持ち、通常4〜8個のローターを備えています。

空飛ぶ車は、地上数百メートルから数千メートルの高さを飛行することができ、ドローンが飛んでいると思われる上空から、通常の民間航空機よりも低い空域を占有します。

1回の充電でシドニーからメルボルンまで移動することはできないでしょうが、空飛ぶ自動車は1回の走行で最大250kmの距離を移動することができます。

「空飛ぶ自動車にとって重要なのは、垂直方向に離着陸し、水平方向にも飛行できるという基本的な技術です。そのため、垂直方向の推進力が主体のヘリコプターに比べて、仕組みが非常に複雑になっています。私たちが “空飛ぶ車 “と呼んでいるのは、車での移動に似ているからなのです。」とBrown氏。

環境への貢献

現在、空飛ぶ自動車のプロトタイプは、電気で動くローターを搭載した設計になっており、バッテリー駆動が可能です。

バッテリーの充電に風力や太陽エネルギーなどの持続可能な方法を用いれば、空飛ぶ車は環境に有害な排出物を出すことはありません。

Brown氏は、「理想的には、このような環境に優しい自動車を設計することで、排出ガスを削減すると同時に、地上の交通渋滞も緩和することができます。また、再生可能エネルギーの研究が進んでいることから、将来的には水素などの代替エネルギーを利用して空飛ぶ車を実現する可能性も大いにあると思います。」と語ります。

今はハンドブレーキのままで

What are flying cars?

空飛ぶ車はまだ離陸しません。

まずはいくつかの障害を乗り越える必要があります。

業界が解決しようとしている課題には、規制や交通管制に関するものがあります。

民間航空機と同様に、空飛ぶ自動車にも、衝突の可能性を回避するための通行権を確立するための交通管制規則、コリドー1航空路とターミナル空域とを一貫して管制できるように設けられた、航空路から引き続いたターミナル空域内のルート。、飛行経路が必要です。

Brown氏は次のように述べています。

「衝突回避システムの開発には多くの労力が費やされていますが、特に空飛ぶ自動車同士がどのようにコミュニケーションをとり、通行権などの判断をリアルタイムで行うかに重点が置かれています。」

また、産業界では、パイロットレスや遠隔操作による操縦にも意欲的です。

Brown氏によると、将来の空飛ぶ車は自律走行が可能になったとしても、ユーザーが空飛ぶ車のハンドルを握るためには、単なる運転免許証よりもはるかに多くの経験が必要になるかもしれません。

「現在開発中の空飛ぶ車をよく見てみると、高度な訓練を受けた資格のあるパイロットが操縦しています。しかし、空飛ぶ車をもっと身近なものにするには、免許取得のハードルを下げる必要があります。空飛ぶ自動車がどのようなライセンスカテゴリーに分類されるかは、世界中の規制当局や政府機関が判断することになります。」とBrown氏は言います。

空飛ぶ自動車は、バッテリーの寿命、特にバッテリーの持続時間が短くなるまでに何回充電できるかといった技術的な課題も抱えています。

また、空飛ぶ自動車には最大8つのローターが搭載されていますが、これが非常にうるさいのです。

Brown氏は次のように述べています。

「ローター内のプロペラの騒音を最小限に抑えるためには、より多くの音響研究を行う必要があります。将来、人口の多い地域の上空を何百、何千もの飛行機が占拠することになった場合、騒音が下界の人々に与える影響を考慮することが重要です。」

タイトルとURLをコピーしました