かつてイギリスの海岸で散見された巨大なイカの祖先たち

かつてイギリスの海岸で散見された巨大なイカの祖先たち生物学
©University of Portsmouth

イギリス南部の海岸で簡単に見ることができる8,000万年以上前のアンモナイトの化石について、国際的な科学者チームが発表しました。

イカやタコの親戚である巨大なアンモナイトは、最大1.8メートルの大きさで、かつてイースト・サセックス1イングランド南東部の地域の海に生息していたことが、新しい研究で明らかになりました。

8,000万年以上前のアンモナイトの化石は、イングランド南部の海岸で簡単に見ることができ、国際的な科学者チームによって説明されました。

この生物は、かつて大西洋の両側、サセックスとメキシコに生息していましたが、恐竜の時代を終わらせたのと同じ隕石の衝突によって絶滅しました。

イギリスのアンモナイトの豊富なコレクションを説明したチームの一人は、ポーツマス大学のAndy Gale教授です。

彼は次のように述べています。

「この巨大な種は、イーストサセックス州のピースヘブンの前浜の白亜によく見られ、海による浸食で貝の型が露出しています(画像)。最大の標本は雌で、おそらく一度だけ産卵してその後死んだものと思われます。この貝殻は浮力があり、白亜の海に長い間浮かんでいましたが、最終的には海底に沈み、数百万年の間保存されています。」

古生物学者でドイツのジュラ博物館の責任者であるクChristina Ifrim博士が率いるチームは、Plos Oneに研究結果を発表しました。

世界最大のアンモナイト標本

ドイツのミュンスターのLWL自然史博物館に所蔵されている世界最大のアンモナイト標本(直径1.8m)。©Christina Ifrim

研究チームは、ドイツ、メキシコ、英国の岩石から発見された白亜紀の巨大アンモナイト154点を調査しました。

Gale氏は次のように述べています。

「これらの巨大な、長い間絶滅していた、イカやタコに近い殻を持つ頭足類は、最大の殻の直径が1.8メートルに達し、ドイツの博物館にある標本で最もよく知られています。彼らは、6600万年前に恐竜と同じ白亜紀末期の隕石の衝突によって絶滅したのです。この種の化石の発見は非常に稀であり、ほとんど知られていません。しかし、サセックス州で多くの化石が発見されたことで、彼らの進化の順序をつなぎ合わせることができるようになりました。」と述べています。

調査した154個の化石のうち、110個はサセックスの海岸やメキシコで発見されました。

これらの化石から、この種が8300万年前に繁栄し、巨大化したことが判明したのです。

メキシコで巨大なアンモナイトを発見。

メキシコで巨大なアンモナイトを発見。©Nils Schorndorf

化石がまとまって発見されたことから、アンモナイトは一生に一度だけ繁殖した後、死んで沈んだと考えられています。

最初に発見された標本は1895年にドイツで発見されました。

この標本は、現在でも過去最大の大きさを誇っています。

研究チームは、ドイツ、メキシコ、ポーツマスの科学者で構成されています。

タイトルとURLをコピーしました