L-グルタミンはダイエットに効果的?

L-グルタミンはダイエットに効果的?健康

L-グルタミン(単にグルタミンと呼ばれることもあります)は、健康の様々な面で重要な役割を果たすアミノ酸です。

実際に、免疫力、細胞機能、代謝に不可欠であることが研究で明らかになっています。1参考

さらに、グルタミンのサプリメントは、体重減少や脂肪燃焼を促進すると主張する支持者もいます。しかし、これらの主張が本当なのか疑問に思うかもしれません。

ここでは、L-グルタミンが体重減少に役立つかどうかを説明します。

体重減少への効果

研究は限られていますが、いくつかの研究では、グルタミンのサプリメントが体重減少と関連しています。

例えば、2型糖尿病の66人を対象とした6週間の研究では、グルタミンパウダーを毎日30g摂取することで、心臓病の複数の危険因子が改善され、腹囲と体脂肪の両方が減少したことがわかりました。2参考

同様に、同量のグルタミンを使用した2週間の研究では、過体重または肥満の39人において、お腹の脂肪の指標であるウエスト周囲径の減少が観察されました。3参考

また、別の小規模な研究では、6人の女性がグルタミンのサプリメントを4週間摂取したところ、他の食事やライフスタイルを変えることなく、体重とお腹の脂肪が大幅に減少しました。4参考

しかし、24人の成人を対象とした研究では、6グラムのグルタミンを摂取すると食事の量が増え、減量の妨げになる可能性が指摘されています。5参考

さらに、グルタミンサプリメントを運動と組み合わせて摂取した場合の効果を調べた別の研究では、体組成や筋肉のパフォーマンスに効果がなかったと報告されています。6参考

これらの研究はすべて、サンプル数が非常に少なく、グルタミンサプリメントの短期的な効果しか評価していないことに留意してください。

したがって、より質の高い研究が必要です。

グルタミンの効果

研究によると、L-グルタミンはいくつかのメカニズムで体重減少をサポートしているようです。

まず、いくつかの研究では、L-グルタミンのサプリメントが、消化管内の有益な細菌のコミュニティである腸内マイクロバイオーム(腸内細菌叢)の構成を変化させることが示されています。7参考8参考

腸内マイクロバイオームは、体重管理を含む健康の様々な側面で中心的な役割を果たしています。9参考10参考

さらに、グルタミンは、肥満を含む多くの慢性疾患に関連する炎症を防ぐ可能性があります。11参考12参考13参考

最後に、L-グルタミンが血糖値のコントロールを改善するという研究結果がありますが、血中の糖分を細胞に運ぶ役割を果たすホルモンであるインスリンに影響を与えるかどうかについては、相反する証拠があります。14参考

しかし、グルタミンがインスリン感受性を高め、体内でインスリンを効率的に使用する能力を向上させることを示唆するヒトおよび動物実験があります。インスリン感受性の低下は、体重増加や肥満のリスクと関連している可能性が高いため、これは体重減少に役立つかもしれません。15参考16参考17参考18参考

しかし、グルタミンとインスリン感受性の関係を評価するには、さらなる研究が必要である。

摂取方法

グルタミンは、豆腐、卵、牛乳、牛肉など、さまざまな食品に含まれています。19参考

また、粉末やカプセルなどのサプリメントの形でも販売されており、指示通りに使用すれば安全であると広く考えられています。20参考

多くの場合、500mgから3gの量を1日の食間に摂取します。限られた研究では、1日30gまでの用量が体重減少に有効であることが示されています。21参考22参考

しかし、短期的な使用は安全であると考えられますが、長期的に補給することによる潜在的な副作用を評価するには、より多くの研究が必要です。23参考

まずは低用量から始めて、自分の耐性を見極めながらゆっくりと増やしていきましょう。

また、新しいサプリメントを取り入れる際は、必ずかかりつけの医師に相談したほうがいいでしょう。

まとめ

L-グルタミンは、多くの食品やサプリメントに含まれているアミノ酸の一種です。

研究結果は限られていますが、いくつかの研究では、腸内細菌叢の構成を変化させ、炎症を抑え、インスリン感受性を高めることで、短期的な体重減少を促進することが示唆されています。

それにもかかわらず、その長期的な効果はわかっていません。さらなる研究が必要です。

さらに、グルタミンは減量のための即効薬と考えるべきではありません。むしろ、バランスのとれた食事や健康的なライフスタイルと組み合わせることで、最良の結果を得ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました