フェヌグリークはダイエットに効果的?

フェヌグリークはダイエットに効果的?健康

フェヌグリークは、中央アジアが原産のマメ科のハーブです。

強いカエデの香りが特徴で、インド料理によく使われています。

古くから代替医療として、糖尿病や高コレステロール、肥満など様々な健康状態の治療に用いられてきました。

最近では、フェヌグリークはダイエットに効果があると言われていますが、それを裏付けるような研究結果はほとんどありません。

ここでは、フェヌグリークが体重減少を助けるかどうか、またその使用方法について説明します。

フェヌグリークのダイエットへの効果

フェヌグリーク種子が減量を促進するかどうかの研究は限られていますが、いくつかの研究では、いくつかの異なるメカニズムでフェヌグリークを減量に結びつけています。

まず、フェヌグリークは食事の脂肪やカロリーの摂取量を減らすのに役立つと考えられています。

健康な男性12名を対象とした14日間の研究では、1.2gのフェヌグリーク種子エキスを摂取したところ、1日のカロリー摂取量が約12%減少しました。

メカニズムは不明ですが、1日の脂肪摂取量も17%減少しました。1参考

次に、フェヌグリークの食物繊維は、満腹感を促進することで体重減少を助けることがわかっています。

肥満の健康な18人を対象にした研究では、朝食時にフェヌグリークの食物繊維を8g摂取することで、満腹感が有意に増加しました。さらに、参加者は次の食事で食べる量が減りました。2参考

3つ目は、太りすぎの健康な女性9人を含むある研究で、フェヌグリーク茶の食欲抑制効果を調べたものです。

フェヌグリーク茶を飲むと、食欲が減退することが示されました。とはいえ、この研究では、お茶を飲んだ後の食物摂取量の違いは観察されませんでした。3参考

今回の研究は有望ですが、フェヌグリークの潜在的な減量効果を確認するには、よりしっかりとしたヒトでの研究が必要です。

ダイエットのためのフェヌグリークの摂取方法

フェヌグリークには様々な種類がありますが、最も簡単な使用方法は料理用のスパイスとして使うことです。

フェヌグリークの種子はそのまま、または挽いてスパイスブレンドやドライラブ4バーベキューなどに合うスパイスミックスに使うことができ、フェヌグリークの葉はカレーやシチュー、スープに風味を加えます。

しかし、ほとんどの研究では、フェヌグリークのダイエット効果は、単離されたフェヌグリーク繊維やフェヌグリーク抽出物のような高用量でのみ得られることが示唆されています。

フェヌグリークのサプリメントは、錠剤やカプセルだけでなく、他の成分と一緒に様々な種類のサプリメントにブレンドされています。

また、フェヌグリークの種子を粉砕した粉末状のものもあります。

さらに、フェヌグリークは、アーユルヴェーダ医学では、水にハーブを入れて一般的に飲まれています。

フェヌグリーク・ウォーターはメティ・ウォーターとも呼ばれ、大さじ1〜2杯のフェヌグリークの種子を一晩水に浸して作ります。

飲む前にフェヌグリーク・ウォーターを温めて、お茶のように飲む人もいます。朝一番の空腹時に飲むのが一般的です。

安全性と副作用

食品によく含まれる量を摂取する場合、フェヌグリークは食品医薬品局により「一般的に安全と認められている」(GRAS)とされています。5参考

しかし、高用量のフェヌグリークを摂取すると、吐き気や下痢などの消化器系の症状など、軽度の副作用が生じる可能性があります。6参考

大量に摂取すると、フェヌグリークは血糖値を下げる可能性があります。そのため、糖尿病治療薬や血糖値を下げる他のサプリメントを服用している場合は、フェヌグリークの使用には注意が必要です。7参考

また、フェヌグリークの高用量摂取は、不妊症や妊娠への悪影響と関連しています。マウスを使ったある研究では、高用量のフェヌグリークを摂取すると、生殖能力が低下し、先天性障害のリスクが高まるとされています。8参考

このような研究結果や、このテーマに関するヒトの研究が少ないことから、妊娠中のフェヌグリークの補給は控えた方がいいでしょう。

安全のため、フェヌグリークのサプリメントを含め、日常生活に新しいサプリメントを取り入れる前に、医師に相談するのも良いでしょう。

まとめ

フェヌグリークは何世紀にもわたって、代替医療において様々な健康状態を治療するために使用されてきました。

ヒトを対象とした研究は限られていますが、いくつかの研究では、フェヌグリークが食欲を抑え、満腹感を高め、食事のカロリー摂取量を減少させることで、体重減少を助けることが示唆されています。

とはいえ、体重管理におけるフェヌグリークの役割を完全に理解するには、さらなる研究が必要です。

タイトルとURLをコピーしました