監視カメラに映った大きな猫に、地元スコットランドの人々が恐怖している

監視カメラに映った大きな猫に、地元スコットランドの人々が恐怖している 出来事

スコットランドのラナークシャー州、ラークホールにて、大きな猫が敷地内を歩き回っている様子が監視カメラの映像に収められていました。大きな猫が歩き回っているというこのニュースは、地元の人々を不安にさせています。

デイリー・レコード紙のインタビューで、撮影した女性は、「土曜日の午前3時55分頃で、ドアベルのカメラに記録されていました」と事情を説明しています。

‘Big cat’ filmed prowling outside Larkhall home as experts ‘confirm it’s a puma’

近年、スコットランド周辺では、大きな野生の猫を見たという報告がいくつもあります。しかし、イギリスには野生のネコの在来種は「スコティッシュ・ワイルドキャット」1種類しかおらず、スコットランドのハイランド地方にしか生息していません。また、普通の猫と同じくらいの大きさっです。それはというネコです。多くの人が、もっと大きな猫が歩き回っているのを見たと報告しているので、これは信じがたいことです。

この生き物がどこから来たのかについては、放たれたとか、飼育下から脱走したとか、いくつかの説があります。実際、イギリスの環境・食料・農村地域省は、2016年12月の時点で、1975年以降に個人のコレクションまたは動物園から逃亡した大型の外来種の報告が27件あったと述べています。

これらの報告によると、おそらく脱走した外来種が繁殖を始め、イギリス全土に広がっているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました