昔の蕎麦屋さんの出前技術が凄すぎる!

昔の蕎麦屋さんの出前技術が凄すぎる! 出来事
©AMUSINGPLANET

20世紀半ばに東京の街角で撮影された出前の配達員の写真。ウーバーイーツのような近代的なサービスが登場する前のフードデリバリーの様子です。昔は片手でハンドルを握り、蕎麦をバランス良く肩に乗せ、常連客に届けていました。

蕎麦処 三鷹砂場の店主(1945年頃撮影)

蕎麦処 三鷹砂場の店主(1945年頃撮影)©spoon-tamago

出前の起源

出前の起源は、江戸時代中期の1700年代と考えられています。主に裕福な大名が使用していました。大名は使用人を派遣して、店主に食べ物を届けてほしいことを伝えていました。そして時代が経つにつれ、学生からサラリーマンまで幅広く利用されるようになり、現在に至っています。

昔の出前の運転技術

当時、蕎麦を運ぶ仕事は危険を伴うため、非常に高い技術が要求されていました。一回の配達で何十件もの注文をこなさなければならないこともあります。まさにサーカスの曲芸師のように、片手で自転車を支え、この不安定なタワーを肩に担いで自転車を走らせた。

目黒通りで蕎麦を出前する青年。

目黒通りで蕎麦を出前する青年。©鯉太朗

出前が規制されるかと思いきや

1961年のロイター紙に掲載された「自転車交通法」では、警視庁交通課の担当者のコメントが紹介されたようだ。これは「自転車は両手でハンドルを握って走る」というもの。

「蕎麦を肩に乗せて自転車に乗るのは危険。交通安全の観点からも禁止しなければなりません。しかし、これ以上の規制は顧客の半分以上を失うことになるので、これ以上の規制はしない」と述べている。1参照

残念ながら現在では、このようなアクロバティック光景は、より安全な出前の方法に取って代わられている。

当時の出前風景

動画

Japan 🇯🇵 1960 Soba delivery on Bicycle (video raro)

画像

雨あがりの濡れた路面を出前するお蕎麦屋さん

©amusingplanet

昔の出前配達はまるでサーカスの曲芸

©amusingplanet

蕎麦屋の出前技術

©amusingplanet

非常に高く積み上げられた蕎麦

©amusingplanet

ちょっと上を気にしている出前配達員

©amusingplanet

出前配達員は相当な運転技術が必要だ

©amusingplanet

  Source:AMUSINGPLANET, Spoon & Tamago, britishpathe

コメント

タイトルとURLをコピーしました