マインドフルネス瞑想が早産児の思春期を救う

マインドフルネス瞑想が早産児の思春期を救う健康

マインドフルネス瞑想の実践により、介入が思春期の子どもたちの日常生活や新たな出来事への対応力に好影響を与えていることがわかりました。

早産で生まれた思春期の子どもたちは、遂行能力や行動、社会的・情緒的な問題を抱える可能性が高いと言われています。

今回、ジュネーブ大学病院(HUG)とジュネーブ大学(UNIGE)の研究者らは、マインドフルネスを実践することで、これらの様々なスキルを向上させることができる可能性があることを明らかにしました。

学術誌「Scientific Reports」に掲載されたこの研究は、早産かどうかにかかわらず、思春期の子どもたちへの臨床介入の手段としてマインドフルネス瞑想を用いることを提案しています。

超早産児や思春期の子どもたちは、大人になってからも続く可能性のある認知的・社会的情緒的問題を示すリスクが高いことが、すでにいくつかの研究で明らかになっています。

ジュネーブ大学病院(HUG)とジュネーブ大学(UNIGE)の研究者は、彼らが直面する困難を克服するために、これらの分野で有益な効果があることが知られているマインドフルネスに基づいた介入を設定しました。

マインドフルネス瞑想とは、今この瞬間に心を集中させ、身体の感覚、呼吸、体の重さ、さらには自分の感情や考えにまで、完全に無批判に集中するトレーニングです。

マインドフルネスをベースとした介入は、通常、インストラクターと一緒にグループで行われ、自宅での個人的な練習にも含まれます。

マインドフルネスの効果を正確に評価するために、妊娠32週以前に生まれた10歳から14歳の若い青年を対象に、無作為化比較試験が行われました。

科学者たちはすぐに、マインドフルネスが認知機能、社会機能、感情機能の調節を改善することを発見しました。

つまり、私たちの脳が環境と相互作用する能力を高めるということです。

実際、マインドフルネスは、好奇心と偏見を持たずに、思考、感情、身体的感覚など、現在の状況に集中する能力を高めます。

この練習のおかげで、青年たちは実行機能、つまり目標をうまく達成するために行動をコントロールするための精神的なプロセスを向上させることができます。

その結果、日常生活の中で集中力を高め、自分の行動や感情をコントロールすることが容易になります。

日常生活の改善

8週間にわたり、10代の若者は2人のマインドフルネスインストラクターと毎週1時間半を過ごしました。

さらに、家でも毎日マインドフルネスを実践するように勧められました。

この研究には親も参加しました。

両親は、子どもの実行機能、例えば、感情をコントロールする能力や注意力のコントロール、他人との関係や行動を観察するよう求められました。

また、思春期の子どもたちには、出来事に対する反応を評価するための一連のコンピュータタスクを実施しました。

テスト結果をマインドフルネスを実践していない対照群と比較したところ、介入が青少年の日常生活や新しい出来事への反応能力にプラスの影響を与えていることがわかりました。

「10代の若者は、それぞれ長所と短所を持っています。この研究に参加したボランティアは、早産で生まれたかどうかにかかわらず、マインドフルネスが多くの若者の気分転換、集中力の回復、世界に立ち向かうための助けとなることを示すことに貢献しました。」と、発達・成長部門のコンサルタントであるRussia Hà-Vinh Leuchter博士は述べています。

ジュネーブ大学病院小児科・婦人科・産科の発達・成長部門のコンサルタントであるRussia Hà-Vinh Leuchter氏と、ジュネーブ大学医学部小児科・婦人科・産科の児童発達研究所の研究員であるVanessa Siffredi博士は、この研究の著者の一人です。

「しかし、瞑想の実践は有用な情報源となりますが、十分に訓練された指導者が同行することが重要です。」と彼らは明記しています。

臨床的認識に向けて

このプログラムに参加した青年たちは、現在、14歳から18歳になっています。

科学者たちは現在、マインドフルネスに基づく介入が彼らの日常的な注意力やストレスに及ぼす長期的な影響を評価しています。

さらに、臨床データを神経生物学的な測定で検証するために、研究者たちは現在、磁気共鳴画像(MRI)を用いてマインドフルネスが脳に及ぼす影響を研究しています。

Published by University of Geneva. Siffredi, V. et al. The effect of a mindfulness-based intervention on executive, behavioural and socio-emotional competencies in very preterm young adolescents. Sci Rep (2021). DOI: 10.1038/s41598-021-98608-2
タイトルとURLをコピーしました