ドイツ、初の自動運転列車を公開

テクノロジー
©DB

ドイツの鉄道事業者であるドイツ鉄道と工業グループのシーメンスは月曜日、世界初の自動運転の無人列車をハンブルグ市で公開し、従来の列車よりも時間に正確でエネルギー効率が高いとアピールしました。

この列車は、既存の鉄道インフラを利用して、ハンブルク北部の都市高速鉄道Sバーンに4台導入され、12月から乗客の輸送を開始します。

パリのように運転手のいないメトロがある都市もあれば、空港ではターミナルを自動運転のモノレールが走っていることもありますが、それらは専用の単線で走っているのに対し、ハンブルクの列車は他の普通列車と線路を共有します。

シーメンス社とドイツ鉄道が「世界初」と称するこのプロジェクトは、ハンブルクの高速都市鉄道システムの近代化のために6,000万ユーロ(7,000万ドル)を投じて行われるものです。

ドイツ鉄道のCEOであるRichard Lutz氏は、自動運転の列車は「より信頼性の高い」サービスを提供し、「1キロメートルも新しい線路を敷設する必要がない」と述べています。

シーメンス社のローランド・ブッシュCEOは、「私たちは鉄道輸送をよりインテリジェントにしています」と述べ、自動化された列車は「最大で30%多くの乗客を輸送し、時間厳守を大幅に改善し、30%以上のエネルギーを節約することができる」と推定しています。

デジタル技術で制御され、完全に自動化されているとはいえ、乗客が乗っているときには必ず運転手がいて、旅を監督すると両社は声明で述べています。

© 2021 AFP
タイトルとURLをコピーしました