メスダコは意図してオスダコに物を投げる

メスダコは意図してオスダコに物を投げる 生物学

動物が物を投げることは珍しい行動です。物を投げる行為は人間特有のものとみなされることもあり、おそらくヒトの進化において重要な役割を果たしていると思われます。しかし、チンパンジー、ゾウ、マングース、鳥類なども、対象に物を投げる行動が確認されています。

これは軟体動物のタコについても知られていたことなのですが、今回の研究でオスダコに対して意図的に物を投げつけることがあるということが分かりました。多くの場合、投げるのはメスで、交尾を迫ったりしているオスに対して投げることが多いようです。

2015年、シドニー大学のピーター・ゴドフリー・スミス氏らは、ジャービス・ベイの「オクトポリス」と呼ばれる場所で、数匹のコモン・シドニー・オクトパス(Octopus tetricus)が交流する様子を撮影した。ここは、砂地の海底でタコが巣を作れる数少ない場所のひとつで、狭い範囲に異常な数のタコが生息しています。

コモン・シドニー・オクトパス2
コモン・シドニー・オクトパス1
コモン・シドニー・オクトパス3
548 (3)
548 (4)
548 (2)
previous arrow
next arrow
 

そしてカメラが捉えたのは、ケンカや交尾、そして今回の研究の「スロー(投擲)1物を投げる行為」という異常な行動です。

この投擲は、食事の残骸を捨てたり、巣穴を掘ったりするときに使われること以外にも、投擲物を他のタコにぶつけるケースも多く見られた。

タコの投擲

オーストラリアのある場所に生息する野生のタコは、漏斗から強力なジェット噴射をすることで、水中を頻繁に移動します。

タコの概観

タコの概観©せとうちネット

このジェット噴射を利用して貝や泥、藻などの物質を放出しながら投げます。(足を使って投げるわけではない。)

Fighting octopuses may be using shells as weapons

 

タコのジェット噴射による投擲

野生のタコによるゴミの投擲。A – タコ(左)が水中に泥や海藻を投射する。B – 投げるタコ(左)が水中に投射した泥の雲にタコ(右)がぶつかる。C, D はそのイラスト。©Peter Godfrey-Smith, Rebecca Gelernter

タコの投擲の観察研究

研究者のゴッドフリー・スミス氏が2015年の講演でこの行動を説明したとき、彼らが意図的に他のタコを狙っているのか、それともたまたまぶつかっただけなのか、その時はよくわからなかったという。

しかし、研究チームはより多くの映像を入手し、101回の投擲を詳細に分析を行い、多くのことが分かりました。

タコの投擲には3種類ある

1つ目は、食事のための投擲で、採餌と食事の後、食事の残りを捨てるもの。

2つ目は、巣のメンテナンスのための投擲で、巣の中や周辺にあるものを整理したり、掘り起こしたりします。

3つ目は、社会的投擲。喧嘩や交尾の試み、他のタコが明らかな反応を示した後の接近や到達などが含まれる。

投げる物は3種類で投げる物は状況によって異なる

投げたものは貝殻、泥、藻の3種類です。

また何を投げるかは社会的状況(他のタコなどに投げる)と非社会的状況(食事のため、巣のメンテナンスのため)で異なっていた。

社会的な状況では泥を多く投げており、非社会的状況の場合は貝を投げることが多かった。藻類を投げる頻度は状況が違っても特に変わらなかった。

投げる勢いは状況によって異なる

投げる勢いは低、中、高の3パターンに分けられた。

全般的に、勢いの弱い投げ方が最も多かったが、社会的な状況では、高の投擲は36回中12回であったのに対し、巣穴掃除では、高の投擲は32回中2回しかなかった。

つまり、社会的な投擲では勢いが高く、巣穴掃除の投擲では勢いが低いものが有意に多かった。

投げたのはほとんどメスダコであった

投げたのはメスが90回、オスが11回で、その比率は8.9:1である。あるメスは、自分と交尾しようとしたオスに10回も泥を投げつけていた。

101回の投擲を状況別に分けると、社会的な状況での投擲36回(36%)、社会的な状況と巣穴掃除(非社会的)を組み合わせた状況での投擲17回(17%)、巣穴掃除中(非社会的)の投擲32回(32%)、食後の投擲(非社会的)8回(8%)、状況が明らかでない投擲8回(8%)となりました。

上記のような結果、他者を標的とした投擲と巣穴の掃除に使われる投擲の違いも明らかになり、タコが本当に意図的に他者を標的としていることが示唆されました。

タコの投擲は動物の中でも珍しい

このような社会性のあるタコが現れるまで、タコは単独で行動すると考えられていました。
多くの野生動物が他の動物に向かって物を投げたりしていますが、同種を標的にすることが知られているのは、チンパンジーを含めてほんの一握りです。「これはかなり珍しいことです。特に、同じ個体群に向かって物を投げることは珍しいですね。」と研究者のゴッドフリー・スミスは言います。

まとめ

軟体動物は、漏斗から水を噴出させ、ターゲットに向かって泥、貝、藻などの物を飛ばす。
あるメスは、自分と交尾しようとしたオスに10回も泥を投げつけた。
タコは巣を作るときにも投げるが、投げる物や勢いは異なる。
他のタコへの投擲は、より勢いがあり、貝殻よりも泥を含むことが多い。

Source:dailymail, DOI:10.1101/2021.08.18.456805

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました