アジアの鹿が復活し、中国では珍しい保護活動に成功

アジアの鹿が復活し、中国では珍しい保護活動に成功 生物学
19世紀末には消滅の危機にあったシフゾウ©Jade GAO AFP

絶滅の危機に瀕していたアジアの鹿が復活したことは、これまで一部の代表的な種にしか焦点を当てていないと批判されてきた中国の保護活動にとって、稀に見る成功例となりました。

シフゾウは、19世紀末には食肉目的の狩猟や湿地帯の生息地の減少により、絶滅の危機に瀕していました。

しかし、ヨーロッパに密輸されたり、戦時中の空襲から身を隠したり、最終的には中国に戻ったりと、驚異的なサバイバルを経て、現在では数千頭にまで増えています。

この生物の復活は、「中国内外の少数の保護活動家の運と献身による驚くべき物語である。」と、ヨーロッパからこの生物を持ち帰る手助けをしたNGOのZhou Jinfeng氏は述べています。

この成功のニュースは、中国が国際的な保護活動においてより重要な役割を果たそうとしている中でのもので、今週、中国は重要な国連保護サミットを開催しました。

習近平国家主席は会議の冒頭で、「発展途上国における生物多様性の保全を支援する」ための新しい基金に2億3300万ドルを拠出することを約束しました。

北京の自然保護公園に生息する鹿の群れ

北京の自然保護公園に生息する鹿の群れ©Jade GAO AFP

しかし専門家によると、シフゾウのような物語は依然として稀であり、数十年にわたる猛烈な成長が中国の生物多様性に大きな打撃を与えているという。

中国は、ジャイアントパンダやゾウなど、よく知られた生物の保護では大きな進歩を遂げていますが、他の多くの生物の保護でははるかに劣っていると批判されています。

自然保護団体WWFによると、1970年から2010年の間に、中国の陸上に生息する脊椎動物の約半数が絶滅しました。

国際自然保護連合(IUCN)によると、中国には現在、開発者による生息地の侵食によって急速に姿を消しつつある1,000種以上の生物が生息しています。

また、国土の約5分の1が保護区に指定されているにもかかわらず、違法な採掘や伐採などの活動によって保護区が分断され、絶滅危惧種の動物たちは、採餌や交配の余地のない「森の島」に置き去りにされています。

また、中国は温室効果ガスの排出量が世界第1位であり、経済の大部分を汚染源である石炭でまかなっているため、気候変動への対応が不十分であることも、動物の個体数にさらなる圧力をかけています。

中国は故郷

この鹿の名前は、フランスの宣教師で動物学者のアルマン・ダヴィドが、北京の皇室の狩猟場で唯一と思われる鹿の群れを発見したことに由来します。

1895年の洪水で全滅し、その5年後にはドイツ軍に占領され、残った鹿を射殺して食べてしまったため、中国では絶滅してしまいました。

しかし、すでにヨーロッパに密輸されていたものもあり、イギリスの政治家ハーブランド・ラッセルがベルリン動物園から数頭を購入しました。

中国は、ジャイアントパンダなどの有名な生物の保護では大きな進歩を遂げたが、他の多くの生物の保護では劣っていると批判されている。

中国は、ジャイアントパンダなどの有名な生物の保護では大きな進歩を遂げたが、他の多くの生物の保護では劣っていると批判されている。©STR AFP/File

第二次世界大戦中には、空襲から守るために何度も群れを移動させましたが、ラッセルは自分の領地で鹿を飼育しました。

WWFによると、現在生きているシフゾウはすべてこの群れの子孫だといいます。

1985年、イギリスが香港を北京に返還するための交渉で、22頭の鹿が親善大使として返還され、中国に戻ってきました。

公式発表によると、ペレダビッド鹿の飼育数は現在約8,000頭です。

公式発表によると、ペレダビッド鹿の飼育数は現在約8,000頭です。©Jade GAO AFP

今日では、彼らは中国の首都の南にある皇室の狩猟場に戻ってきており、約200頭の動物が半野生の保護地区の湖畔で泥にまみれて楽しそうに遊んでいます。

飼育されている動物の数は、公式発表では約8,000頭となっていますが、専門家は将来のリスクを懸念しています。

遺伝的多様性に欠けているため、病気にかかりやすく、寿命が短く、流産も多いと、Bai Jiade氏をはじめとする保護活動家たちは今年のScience誌に発表したレターで述べています。

また、北京シフゾウ生態研究センターの責任者であるBai氏は、「さらに、国家レベルでのシフゾウ保護のマスタープランはありません。」と述べています。

しかし、Zhou氏は楽観的です。

現在、シフゾウの小グループが野生に戻され、全国各地で目撃情報が報告されています。

「食物、気候、環境のすべてが彼らに合っているのです。」とZhou氏。

「中国は彼らの故郷なのです。」

© 2021 AFP