ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた星形成の瞬間

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた星形成の瞬間 天文・宇宙

NASA/ESAハッブル宇宙望遠鏡が撮影したNGC 4666の画像。

おとめ座の方向、約8,000万光年の距離にある壮大な渦巻き銀河で、現在、特に激しい星形成が行われています。

天文学者は、急速に星を形成する銀河をスターバースト銀河と呼んでいます。

NGC 4666のスターバーストは、近傍の銀河NGC 4668や矮小銀河(数十億個の星からなる小さな銀河)との重力相互作用によるものと考えられています。

NGC 4666の星形成の爆発は、スーパーウィンド(銀河風)と呼ばれる銀河の異常気象を引き起こしています。

スーパーウィンドとは、銀河の明るい中心部から宇宙空間へガスが巨大に移動する現象です。

このスーパーウィンドは、NGC 4666のスターバーストで形成された短命の大質量星からの風と、目を見張るようなエネルギーを持つ超新星の爆発によって引き起こされています。

NGC 4666では過去10年以内に、2014年と2019年の2回、2つの超新星が発生しました。

2019年の超新星の原因となった星は、太陽の19倍の質量を持っていました。

NGC 4666から噴出している超高温ガスの奔流は、数万光年に及ぶ実に広大なスケールであるにもかかわらず、この画像では見えません。

超高温のガスは、X線や電波の観測では光り輝くプルームとして目立ちますが、ハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3の可視波長では見えないのです。

Published by NASA.