マウスでカロリー制限の効果を十分に発揮させるには断食が必要:研究結果

マウスでカロリー制限の効果を十分に発揮させるには断食が必要:研究結果 健康

今回の発見は、断食が人々の健康を増進させるという予備的な証拠を裏付けるものであると考えられます。

長期的なカロリー制限は健康に良い影響を与えますが、断食によってその効果が高まる可能性があることが、新しい研究で示唆されました。

これまでの研究では、カロリーを制限すると、体重が減り、血糖値のコントロールが良くなり、さらには寿命が延びることが示唆されてきました。

しかし、マウスを用いた新しい研究では、カロリー摂取量を減らすだけでは十分ではなく、効果を最大限に引き出すためには断食が必要であることが示されました。

今回の研究結果は、断食が人間の健康を増進するという予備的な証拠を裏付けるものである、と科学者たちは述べています。

さらに、今回の研究は、健康が、食べる量だけでなく、いつ、何を食べるかによって左右されるという事実を示すものでもあります。

今回の研究では、断食と少食を組み合わせることで、老齢期の虚弱体質を改善し、マウスの寿命を延ばすことができました。

また、断食だけでも、血糖値や肝臓の代謝を改善できることも発見されました。

研究者らは、カロリーを減らしても断食をしなかったマウスは、好きなだけ食べたマウスよりも若くして死亡することを発見し、カロリー制限だけでは有害な可能性があることを示唆しました。

この研究は、ウィスコンシン大学マディソン校医学・公衆衛生学部の代謝研究者であるDudley Lamming氏と、同氏の大学院生であるHeidi Pak氏、同大学および他の機関の研究者らによって行われました。

Lamming教授は次のように述べています。「カロリーを減らすことと断食を行うことの両方を行うという、この重複した治療法は、誰もが目にするものでしたが、それが生物学的に重要であることは必ずしも明らかではありませんでした。この問題に人々が関心を持ち始めたのは、ここ数年のことです。」と述べています。

研究者たちは、マウスに4種類の食事を与えました。

あるグループは、好きな時に好きなだけ食べました。もう1つのグループは、カロリーを減らすことなく、1日の長い断食をするために、完全な量を短時間で食べました。

残りの2つのグループは、1日1回または1日を通して、カロリーを約30%減らしました。

つまり、1日に長い断食をするマウスもいれば、同じようにカロリーを減らしても断食をしないマウスもいるということで、これまでのカロリー制限の研究とは異なる結果となりました。

その結果、カロリー制限だけで得られる効果の多くは、断食も必要であることが示唆されました。

Nature Metabolism誌に掲載された研究結果によると、断食をせずにカロリーを減らしたマウスでは、ポジティブな変化は見られなかったといいます。

食べる量を減らさない断食だけでも、断食を伴うカロリー制限と同等の効果があることが示唆されました。

断食は、インスリン感受性を改善し、エネルギー源として脂肪をより多く利用するように代謝を再プログラムするのに十分な効果がありました。

また、断食したマウスの肝臓では、代謝がより健全になっていることが確認されました。

今回の研究では、マウスの老化に伴う寿命や虚弱性に対する断食の効果は調べていませんが、他の研究では、断食がこれらの効果をもたらすことも示唆されています。

断食をせずに食事量を減らしたマウスでは、血糖値のコントロールが改善されたものの、死亡年齢も若くなっていました。

減食と断食の両方を行ったマウスと比較すると、減食のみを行ったマウスは平均して約8カ月早く死亡しました。

また、研究チームは、握力や被毛の状態などの指標を用いてフレイルを測定1身体が弱くなっているかを検査しました。

Lamming教授は次のように述べています。

「寿命が短いことに加えて、これらのマウスは、フレイルの特定の側面では悪く、他の側面では良かったです。つまり、バランス的には、虚弱性はあまり変わりませんが、見た目は健康ではないということです。」と述べています。

主要な研究はオスのマウスで行われましたが、Lamming教授の研究室では、メスのマウスでも断食による同様の代謝効果を見出しました。

さらに、「もし断食が健康の主な要因であるならば、私たちは断食を模倣した薬や食事療法を研究すべきであり、むしろカロリー低下を模倣した薬や食事療法を研究すべきです。」と付け加えました。

Published by University of Wisconsin-Madison. Dudley Lamming, Fasting drives the metabolic, molecular and geroprotective effects of a calorie-restricted diet in mice, Nature Metabolism (2021). DOI: 10.1038/s42255-021-00466-9www.nature.com/articles/s42255-021-00466-9