アップデート後のコンピュータの速度低下を防ぐための5つのヒント

アップデート後のコンピュータの速度低下を防ぐための5つのヒント テクノロジー

著者情報:Omprakash Kaiwartya氏, ノッティンガム・トレント大学、コネクテッド・システム上級講師、Mufti Mahmud氏, ノッティンガム・トレント大学 コグニティブ・コンピューティング学科 准教授

「アップデートをダウンロードしてください」と表示されることはよくありますが、「アップデートしたらパソコンの動きが悪くなるのではないか」と心配になる方も多いのではないでしょうか。

コンピューターユーザーは、コンピューターの性能やセキュリティを向上させるためにソフトウェアのアップデートを行います。

しかし、動作が遅くなることがあります。

それにはいくつかの理由があります。

お使いのコンピューターに搭載されているランダムアクセスメモリー(データを一時的に保存するコンピューター内部の物理的なハードウェア)の容量が限られている場合、アップデートによってコンピューターの動作が遅くなる可能性があります。

最近では、4〜8GBのRAMでは限界で、16〜32GBが一般的なコンピュータには理想的です。

ソフトウェアのアップデートは、しばしば追加のRAMの使用を必要とします。

そのため、OSがソフトウェアを実行するために使用できるRAMの量が減ります。

また、ほとんどの家庭用コンピューターは強力なプロセッサーで動作していないため、多くのソフトウェアアップデートをインストールすると、動作が遅くなることがあります。

ソフトウェアのアップデートは、より多くの処理能力を必要とするため、結果的に、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアを実行するためのコンピュータの能力が全体的に低下します。

新しいアップデートをインストールすると、処理すべきプロセスの総数が増えます。

その結果、OSやアプリケーションソフトが円滑に動作するために必要なタスクの実行が遅れることになります。

しかし、コンピュータに多くのソフトウェアがインストールされていて、コンピュータのメモリや処理能力を大量に消費している場合、コンピュータを動かすために利用できるリソースは限られています。

新しいソフトウェアをインストールすると、コンピュータへの負荷がさらに高まり、結果的に動作が遅くなります。

また、ディスクに大量のデータを保存している場合は、ソフトウェアのアップデートが原因で動作が遅くなることがあります。

ソフトウェアのアップデートは、一時的な処理のためにストレージスペースを使用する可能性があるため、ディスクの空き容量がさらに減少する可能性があります。

その結果、アップデートのたびにコンピューターのパフォーマンスが低下することになります。

ただし、お使いのコンピューターに十分なメモリー、プロセッサーパワー、ディスクスペースがある場合は、ソフトウェアアップデートによってコンピューターのパフォーマンスが向上するはずです。

オペレーティングシステムやソフトウェアには、その正確性や安全性が厳密にテストされているにもかかわらず、不正なユーザーが持ち主のコンピューターや個人情報にアクセスするための抜け穴がある場合があります。

このような抜け穴が発見された場合、企業はソフトウェア・アップデートという形でパッチをリリースしますので、アップデートをインストールすることは、コンピュータとデータを安全に保つために非常に重要です。

では、コンピューターのパフォーマンスを向上させ、遅くならないようにするための簡単な方法とは?

1. 一時ファイルを定期的に削除する

一時ファイルやフォルダは、OSやアプリケーションソフトによってコンピュータ上に定期的に作成されます。

これらのファイルは、コンピュータのディスクスペースを消費し、処理能力を使用することが多いため、コンピュータの速度低下の原因となります。

これらのファイルを定期的に削除することで、コンピューターの全体的なパフォーマンスとスピードを向上させることができます。

一時ファイルは、Windows、Macintosh、Linuxなどの一般的なOSに対応したディスククリーンアップツールや管理ツールを使って安全に削除することができます。

2. 起動プロセスを少なくする

Dropbox、Skype、Adobeなどの多くのソフトウェアプロセスは、コンピュータの起動時に自動的に開始され、バックグラウンドで実行されることがあります。

これらのプロセスは、Windows OSのタスクマネージャーなどで監視することができます。

不要なプロセスを無効にして、スタートアッププロセスの数をできる限り少なくしてください。

ただし、OSが必要とするスタートアッププロセスの中には、無効化できないものもありますのでご注意ください。

3.不要なソフトウェアをアンインストールする

コンピュータにインストールされているソフトウェアの中には、ほとんど使用していないものがあるかもしれません。

これらのソフトウェアをアンインストールすることで、パフォーマンスやスピードが向上する可能性があります。

コンピュータのディスクスペースが増え、処理能力が解放されます。

Windowsの場合はソフトウェアの追加と削除、Macの場合はゴミ箱への移動で行うことができます。

4. クラウドにデータを保存する

大量のデータをクラウド(遠隔地にあるサーバーのネットワーク)に保存することで、コンピュータのディスクスペースと関連するファイル管理を節約し、コンピュータのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

音楽やビデオなどの大きなファイルは、クラウドに保存するのが賢明です。

クラウドスペースを利用する唯一の制限は、ファイルにアクセスするためにアクティブなインターネット接続が必要なことと、アクセスのためにアップルなどのプロバイダーに料金を支払う必要があることです。

しかし、これはあなたのコンピュータをより速く動作させるために役立ちます。

5. コンピュータのリソースを増やす

コンピュータの速度を向上させる究極の解決策は、コンピュータのメモリ、プロセッサ、ディスクドライブなどのハードウェアを追加または交換してリソースを増やすことです。

しかし、すべてのマシンにRAMを追加できるとは限らず、自分が満足できる以上に複雑な作業になることもあるので、まずは他の(より簡単な)解決策を試してからにしましょう。The Conversation

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.