1000年前のアメリカ大陸に現れたヨーロッパ人

1000年前のアメリカ大陸に現れたヨーロッパ人 科学色々

アメリカ大陸に到達した最初のヨーロッパ人はコロンブスではありませんでした。

バイキングはその何世紀も前にアメリカ大陸に到着していましたが、正確な時期は不明のままでした。

今回、フローニンゲン大学の科学者と国際的な同僚チームは、西暦1021年にヨーロッパ人がすでにアメリカ大陸で活動していたことを示しました。

論文「Evidence for European presence in the Americas in AD 1021」がNature誌に掲載されました。

ヴァイキングは、独特の形状の船で長距離を航海していました。

西方では、アイスランド、グリーンランド、そして最終的にはカナダのニューファンドランドにあるL’Anse aux Meadows(ランス・オ・メドー)に居住地を設けました。

しかし、この最初の大西洋横断の活動がいつ行われたのかは、これまではっきりしていませんでした。

今回、科学者たちは、今からちょうど1000年前の西暦1021年にヨーロッパ人がアメリカ大陸に存在していたことを明らかにしました。

この日は、大西洋が横断され、人類の移動がついに地球全体を包囲した最古の地点でもあります。

太陽嵐による解決策

今回の研究では、L’Anse aux Meadows(ランス・オ・メドー)で行われたバイキングによる薪割りが、ちょうど西暦1021年に行われたことが判明しました。

3種類の木から採取された3つの木材は、いずれも考古学的にバイキングが使用したと考えられるものでした。

いずれの木も、先住民が作らなかった金属製の刃物で切断された痕跡がはっきりと残っていました。

正確な年が特定できたのは、西暦992年に大規模な太陽嵐1太陽で非常に大規模な太陽フレアが発生した際に太陽風が爆発的に放出され、それに含まれる電磁波・粒子線・粒子などが、地球上や地球近傍の人工衛星等に甚大な被害をもたらす現象が発生し、その翌年の木の年輪に明確な放射性炭素シグナルが生じたからです。

同位体年代測定

L'Anse aux Meadowsの北欧の層から出土した木片の顕微鏡写真。

L’Anse aux Meadowsの北欧の層から出土した木片の顕微鏡写真。©Petra Doeve, University of Groningen

本研究の責任者であるMichael Dee准教授(フローニンゲン大学ESRIG研究所)は、「西暦992年から993年の間に発生した放射性炭素生成の明瞭な上昇は、世界中の樹木の年輪アーカイブで検出されました。3つの木製品はいずれも、樹皮の端から年輪によって29年前にこの信号を示していました。」と語ります。

論文の筆頭著者であるMargot Kuitems氏(フローニンゲン大学ESRIG)は、「樹皮から年輪で太陽嵐の信号を見つけたことで、伐採活動は西暦1021年に行われたと結論づけることができました。」と述べています。

どれくらいの距離、どれくらいの頻度で?

ヴァイキングのアメリカ大陸への遠征回数や、大西洋上での滞在期間は、いまだに不明です。

現在のデータによると、この試みはやや短命で、ヨーロッパ人がアメリカ大陸で最初に行った活動の文化的・生態的な遺産は少なかったと考えられます。

しかし、L’Anse aux Meadows(ランス・オ・メドー)の植物学的証拠から、バイキングがニューファンドランドよりもさらに南の土地を探検していたことが確認されています。

L’Anse aux Meadows.(ランス・オ・メドー)の復元図

L’Anse aux Meadows.(ランス・オ・メドー)の復元図©University of Groningen

Saga(サガ)

西暦1021年は、アメリカ大陸におけるヨーロッパ人の存在が科学的に証明された最も古い年です。

バイキングがアメリカ大陸に進出した時期については、これまでアイスランドのサガ2中世アイスランドで成立した古ノルド語(古北欧語、古アイスランド語とも)による散文作品群の総称。に大きく依存していました。

しかし、これらの物語は口承で始まり、記述された出来事から何世紀も経ってから書かれたものです。

このサガは、矛盾していたり、時には空想的であったりしますが、ヨーロッパ人とその地域の先住民との間に、暴力的なものも友好的なものも含めた出会いがあったことを示唆しています。

しかし、このような交流を裏付ける考古学的証拠はほとんど見つかっていません。

また、ヴァイキングが大西洋に上陸したことをヨーロッパ本土の著名人が知っていたとする中世の記述もあります。

まとめ

バイキングが北アメリカで活躍したのは、西暦1021年のことです。

これは、西暦1492年にコロンブスが到着する前に、ヨーロッパ人がアメリカ大陸に存在していた最も古い、そして唯一の年を示しています。

また、大西洋が横断され、人類の移動がついに地球を一周した決定的な時点でもあります。

Published by University of Groningen. Michael Dee, Evidence for European presence in the Americas in AD 1021, Nature (2021). DOI: 10.1038/s41586-021-03972-8.