古代ペルーの埋葬墓の発見により、ワリ族の文化に新たな光が当てられる:ワリ文化

古代ペルーの埋葬墓の発見により、ワリ族の文化に新たな光が当てられる:ワリ文明 科学色々

ペルー北部の考古学者チームが、3人の子供を含む29人の遺骨を発見しました。

この遺骨は、専門家がインカ文明以前のワリ族の歴史を書き換えるのに役立つ可能性があると、研究責任者が 2021年10月22日金曜日に発表した。

これらの遺骨は、1000年以上前に、リマの北750キロに位置するランバイェケの海岸地域にある古代の儀式の中心地であるHuaca Santa Rosa de Pucalaに埋葬されていました。

研究責任者のEdgar Bracamonte氏がAFPに語ったところによると、神殿の正面に3人の子供と10代の若者が埋葬されていたことから、ワリ族文化の人身御供1人間を神への生贄とすること。であったことが判明しました。

ワリ文化2ワリ文化は、西暦500年から1000年頃、現代のペルーのアンデス山脈中南部と海岸地域に栄えた中近東文明である。かつての首都であったワリは、現在のペルー・アヤクーチョの北東11kmに位置しています。この都市は、現代ペルーの高地と海岸の大部分を覆っていた文明の中心地でした。に関連した発見が、彼らの勢力範囲から遠く離れた場所で行われたのは初めてだと、Bracamonte氏は語りました。

「これらの発見により、ランバイェケ地方の歴史を再考することができ、特にこの地域でのワリ族やモシカ族の占領との関連性を再認識することができます。」とBracamonte氏は述べています。

ワリ族の文化は、7世紀から13世紀にかけてペルーの中央アンデスで栄えました。

アルファベットの「D」の形をしたHuaca Santa Rosa de Pucalaの囲壁は、西暦800年から900年の間に作られました。

「モチェ時代のものが25体、ワリ文化のものが4体、合計29体の人骨がある儀式用の神殿を発見しました。」とBracamonte氏。

モチェ文化3ペルー北海岸にそそぐモチェ川から名称をとられた紀元前後からA.D.700頃まで繁栄したインカに先行するプレ・インカと呼ばれる高度な文化のひとつである。は、西暦100年から700年にかけて、ペルー北部の海岸で発展した文化です。

25体のモチェ族の遺骨は、寺院内の粘土製の墓や埋葬室から発見されました。

また、土器の破片や、ラマやアルパカなどのラクダ科動物、モルモットの遺体も発見されました。

モチェ文化に関する最も重要な発見の一つは、2006年に発見された5世紀の「レディー・オブ・カオ(Lady of Cao)」のミイラで、この文明には女性のリーダーがいたことを示しています。

1987年に発見された3世紀のシパン王のミイラは、ここ数十年で最も重要な考古学的発見の1つと専門家は考えていますが、これは主な墓が無傷で発見され、墓が荒らされていなかったためです。

© 2021 AFP