アップルがデベロッパーに譲歩してApp Storeの支払いルールを更新

アップルがデベロッパーに譲歩してApp Storeの支払いルールを更新 テクノロジー

アップル社は、App Storeのルールを更新し、開発者がユーザーに直接支払い方法を連絡できるようにしました。

これは、厳しく管理された市場に異議を唱える企業との訴訟上の和解で譲歩したものです。

2021年10月22日金曜日に更新されたApp Storeのルールによると、開発者はAppleの15%(小規模)または30%(大手)の手数料を回避して、代替の支払い方法について消費者に直接連絡することができるようになりました。

iPhoneメーカーによると、「この要求が任意である限り」、名前や電子メールアドレスなどの基本情報をユーザーに求めることができるといいます。

アップル社は8月、小規模なアプリ開発者との法的和解の中でこの変更を提案しました。

しかし、この譲歩は、「フォートナイト」を開発したEpic Games社のような企業を満足させるものではありません。

Epic Games社とAppleは、支払い方針をめぐる長期にわたる紛争を抱えています。

Epic Games社は、Apple社によるApp Storeの支配を打破することを目的に訴訟を起こし、iPhoneメーカーがデジタル商品やサービスの販売を独占的に行っていると訴えています。

9月、判事はアップルに対し、App Storeでの支払い方法の規制を緩和するよう命じましたが、Epicは反トラスト法違反を証明できなかったと述べました。

Epic社などは、ユーザーをアプリ外の支払い方法に誘導するだけでは不十分で、ゲームを終了せずに直接支払いができるようにしたいと考えています。

両者ともに控訴しています。

アップル社は、米国および欧州の当局から、支配的な立場を乱用しているとの調査を受けています。

© 2021 AFP