米国でのハロウィーンのケガの原因の第1位は「かぼちゃを彫ること」

米国でのハロウィーンのケガの原因の第1位は「かぼちゃを彫ること」 健康

あなたが作ったジャック・オー・ランタンは、怖いだけでなく、危険なものかもしれません。

米国消費者製品安全委員会によると、カボチャの彫刻は、ハロウィーンに関連する傷害の第1の原因です。

米国では2018年10月から11月の間に、ハロウィーンに関連した怪我の44%がカボチャの彫刻と関連していました。

ハロウィン関連の怪我の4分の1以上は、切り傷、飲み込み、衣装・かぼちゃ・装飾関連の怪我が含まれており、転倒・落下を伴う怪我は2,700件近くありました。

ハロウィーンが「フライトナイト」と呼ばれるのには、1年で最も不気味な夜であるという理由がありますが、救急部の整形外科医が懸念する別の解釈もあります。

彼は整形外科の手の外科医であり、米国整形外科学会(AAOS)のスポークスマンでもあります。

Phillips博士はAAOSのニュースリリースの中で、「親が子供との間に明確な境界線を設け、子供が病院に行かずに済むように、安全のためのヒントを教えることが重要です。」と述べています。

カボチャに彫刻を施す際には、その作業のために特別に設計された彫刻キットやナイフを使用してください、とAAOSはアドバイスしています。

かぼちゃを彫るときは、清潔で乾燥した明るい場所で行い、道具や手に水分が付着していないことを確認してください。

誰かが切り傷を負った場合は、清潔な布で圧迫し、傷ついた部分を心臓より高くする。

10〜15分以内に出血が止まらない場合や、切り口が深い場合は、医師の診察を受ける必要があるかもしれないと学会は指摘しています。切り傷は清潔にして、清潔な包帯で覆うようにしましょう。

ハロウィン用のカボチャやその他の飾りにロウソクを入れないでください。

代わりに、グロースティックや人工的なカボチャのライトなどの不燃性の光源を使うようにしましょう、と専門家は提案しています。

ハロウィンの飾り付けにはしごを使う前に、ねじや蝶番、はしごが緩んでいないか確認してください。

梯子は平らでない地面やフローリングには絶対に置かないでください。

はしごは明るい場所に設置し、歩く道を横切る延長コードが緩んでいないかなど、つまずきの原因になるものがないか確認してください。

AAOSは、脚立の上で最も高い位置に立つのは、上から2段下がった位置であると警告しています。

梯子の上で滑らないように、靴底が汚れていないか確認し、革底の靴は履かないようにしましょう。梯子に乗っている間は必ず誰かに見てもらい、無理をせずに必要に応じて梯子を動かすようにしましょう。

Copyright © 2013-2020 HealthDay. All rights reserved.