メキシコ南部で約500の祭祀に使われた古代遺跡群を発見

メキシコ南部で約500の祭祀に使われた古代遺跡群を発見 科学色々
©Takeshi Inomata/University of Arizona

画像:これまでに発掘された最大かつ最古のマヤ遺跡であるアグアダフェニックスの中央部を発掘するMelina García氏(手前)。UArizonaの研究者チームは、2020年にこの発見を報告しました。同チームはその後、アグアダ・フェニックスと形状や特徴が似ている500近くの小規模な儀式用複合施設を発見している。

アリゾナ大学を中心とする国際研究チームは、昨年、マヤ最大かつ最古の遺跡であるアグアダ・フェニックスを発見したことを報告しました。

このたび、同チームは、アグアダ・フェニックスと形状や特徴が類似した約500の小規模な祭祀施設を発見しました。

今回の発見は、これまでのメソアメリカ文明の起源やオルメカ人とマヤ人の関係についての理解を大きく変えるものです。

今回の研究成果は、学術誌「Nature Human Behaviour」に掲載された論文に詳細が記載されています。

アリゾナ大学の人類学教授である猪俣 健氏は、この論文の筆頭著者です。

共著者には、人類学のDaniela Triadan教授、加速器質量分析研究所のGreg Hodgins氏が名を連ねています。

研究チームは、LiDAR(ライダー)と呼ばれる空中レーザーマッピング技術で収集したデータを用いて、メキシコのタバスコ州とベラクルス州にある478の複合施設を特定しました。

上空からLiDAR(ライダー)観測で判明した遺跡の例。©Takeshi Inomata/University of Arizona

LiDARは樹冠を透過し、植物の下に隠れている考古学的特徴を3次元的に映し出します。

このデータは、メキシコ政府機関であるInstituto Nacional de Estadística y Geografía(国立統計地理情報院)が収集したもので、アイルランド島とほぼ同じ広さの32,800平方マイルの地域をカバーしています。

LiDARのデータが公開されていることで、研究者は広大な地域を調査した後、高解像度のLiDARを使って興味のある場所をより詳細に調査することができます。

「数年前までは、このような広い範囲を調査することは考えられませんでした。一般に公開されているライダは、考古学に大きな変化をもたらしています。」と猪俣氏は言います。

ミッシングリンク?

Lidarを使って約500の祭祀場が発見され、調査地全体でマッピングされている。

Lidarを使って約500の祭祀場が発見され、調査地全体でマッピングされている。©Inomata et al.

オルメカ文明がマヤ文明の発展につながったのか、それともマヤが独自に発展したのかについては、長年の議論があります。

今回発見された遺跡は、オルメカ地方とマヤ西部の低地を含む広い範囲に分布しています。

これらの遺跡は、紀元前1100年から紀元前400年の間に建設された可能性が高く、マヤ文明の最盛期である紀元250年から950年の約1,000年前に、多様な集団によって建設されました。

研究者らは、これらの複合施設が、紀元前1400年から1100年にピークを迎えたオルメカ地域の最古のセンター、サン・ロレンソと共通する特徴を持つことを発見しました。

マヤ地域のアグアダ・フェニックスをはじめとする関連遺跡は、紀元前1100年頃からサン・ロレンソの形態を採用し、形式化していきました。

また、サン・ロレンソでは、これまで認識されていなかった長方形の空間が発見されました。

猪俣氏は、「遺跡は水平方向には大きいですが、垂直方向には大きくありません。人々は遺跡の上を歩いていても、その長方形の空間に気づかないでしょう。」と言います。

今回の研究では、サン・ロレンソが、アグアダ・フェニックスをはじめとする後世の建造物の雛形となったことが示唆されています。

猪俣氏は、「サン・ロレンソは、敷地の配置という点では非常にユニークで、後の建築物とは異なると考えられてきました。しかし、今回の調査で、サン・ロレンソはアグアダ・フェニックスと非常によく似ていることがわかりました。これらの特徴はLiDARで見るとよくわかり、少し後に作られたアグアダ・フェニックスにも見られます。このことから、サン・ロレンソは、後にマヤが使用したいくつかのアイデアの始まりとして、非常に重要であることがわかります。」

祭祀場であった可能性が高い遺跡

約500の遺跡のひとつ、ラ・カルメリータでの発掘作業。

約500の遺跡のひとつ、ラ・カルメリータでの発掘作業。 ©Takeshi Inomata/University of Arizona

論文によると、猪俣氏と共同研究者が発見した遺跡は、儀式のための集合場所として使われていた可能性が高いといいます。

これらの遺跡には、多くの人々が集まり、儀式に参加できるような大きな中央のオープンスペースが含まれています。

また、各遺跡の方位を分析したところ、可能な限り特定の日の日の出に合わせて配置されていたようです。

「例えば、すべての遺跡に長方形の形を望む方向に配置するための十分なスペースがあるわけではなく、例外もたくさんありますが、可能な場合には特定の日付を選んでいるようです。」と猪俣氏は言います。

その理由は定かではありませんが、一つの可能性として、太陽が真上を通過する天頂通過日との関連が考えられます。

遺跡が発見された地域では、5月10日がその日にあたります。

この日は雨季の始まりであり、トウモロコシの植え付けが行われる日でもあります。

いくつかのグループは、天頂通過日の40日前、60日前、80日前、100日前に、日の出の方向に合わせて遺跡を配置しました。

このことは、後のメソアメリカの暦が20という数字に基づいていることからも重要です。

サン・ロレンソ、アグアダ・フェニックスをはじめとするいくつかの遺跡では、長方形の広場の東側と西側に沿って、20個のエッジ・プラットフォームが設置されています。

エッジ・プラットフォームとは、大きな長方形の広場の縁に沿って置かれた塚のことです。

広場の形を決めるもので、高さは約3フィート(約1.5m)以下のものが多いです。

猪俣氏は、「このような儀式の場を通して、宇宙観を表現していたことになります。この空間には、儀式用のカレンダーに沿って人々が集まっていたのです。」

猪俣氏は、今回の研究はまだ始まったばかりだと強調し、「まだ答えのない問題がたくさんあります。」と語りました。

研究者たちは、これらの複合施設を建設した人々の社会組織がどのようなものだったのか疑問に思っています。

サン・ロレンソには支配者がいた可能性があり、それは彫刻からも示唆されています。

「しかし、アグアダ・フェニックスにはそういったものがありません。陶器を使い始めたばかりで、地上の一時的な構造物に住んでいたため、人々はまだ何らかの形で移動していたと考えられます。当時は定住型の生活に移行していた時期で、階層的な組織があまりない地域が多かったのではないでしょうか。それでも、このような非常に整ったセンターを作ることができたのです。」と猪俣氏。

猪俣氏のチームをはじめとする研究者たちは、このような社会組織の違いを説明する証拠をさらに探しています。

「この答えを見つけるために遺跡の発掘を続けるには、もっと長い時間がかかります。」と猪俣氏は言います。

Published by University of Arizona. Takeshi Inomata et al., Origins and spread of formal ceremonial complexes in the Olmec and Maya regions revealed by airborne lidar, Nature Human Behaviour (2021). DOI: 10.1038/s41562-021-01218-1.